預金と資産運用

三菱東京UFJ銀行の大きな特徴の一つは、その営業拠点です。

メガバンクならではの金融商品

円預金は、普通預金、定期預金、貯蓄預金といった定番商品に加え、インターネットバンキングと連携したスーパー普通預金、利息の半分を指定団体に寄付するボランティア預金などがあります。中でもスーパー普通預金は、取引内容や預金残高に応じてATM手数料などが優遇されるので、三菱東京UFJ銀行の顧客の多くが利用しています。

外貨預金については、いつでも出入金可能な外貨普通預金、一ヶ月経てば出入金可能な外貨貯蓄預金、期間を決めて預金する外貨定期預金の三種類があり、そのうち外貨定期預金は預け入れ期間によって長期の「ホット定期」、二年ものの中長期外貨定期預金、一年以内の短期の外貨定期預金の三種類と、特約がつく代わりに金利が高い仕組みものの特約付き外貨預金があります。取扱通貨は、米ドル 、 ユーロ 、英ポンド 、オーストラリアドル 、ニュージーランドドル 、スイスフランの6種類です。

公共債は、国が発行し、発行時の金利を満期まで適用する固定金利の利付国債と1万円から購入できる個人向け国債を取り扱っています。また支店やタイミングによっては地方債や政府保証債を取り扱うこともあるようです。

この他にも、傘下にある三菱UFJモルガン・スタンレー証券が取り扱っている外貨債券、カブドットコム証券の取り扱う株式なども取り扱っています。また、これから資産運用を始めたいと思っている初心者向け商品「ウェルカム・セレクション」では、投資信託と円定期(3ヵ月物/自動継続)を同時に作成すると優遇金利が適用されるというサービスを提供しています。

このように、三菱東京UFJ銀行の預金と資産運用商品は、メガバンクの強みを活かした、幅広く充実した内容になっています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.