特化した預金サービス

オリックス銀行のeダイレクト預金は、インターネット取引専用の預金です。

ダイレクトマーケティングに特化

オリックス銀行は支店を持たない銀行であるため預金口座も、通販型定期預金「ダイレクト預金」、インターネット取引専用の「eダイレクト預金」というダイレクトマーケティングに特化しています。どちらの預金も店舗維持費や人件費等の経営コストがかからない分、金利は一般的な銀行よりも高くなっています。

ダイレクト預金は、1999年にスタートした日本初の通販型定期預金です。郵送によって書類のやり取りをするメールオーダー方式で、預金口座の開設や入金をすることができます。オリックス銀行のサイトあるいは電話にて取り寄せた申込書に、預金金額と氏名・住所等を記入し、本人確認書類とともに送付した後、指定の振込先にお金を振り込むことで預け入れが成立します。

オリックス銀行は窓口やATMを持たず、通帳やキャシュカードの発行もないので、ゆうちょ銀行等から預金するお金を振り込む必要があります。手間がかかりますが、パソコン操作に自信のない方や預金証書がないと不安という方にはおすすめです。

eダイレクト預金は、インターネット取引専用の預金であるため、来店不要で全国どこからでも口座を開設することが可能です。預金証書の発行はありませんが、オンラインでいつでも簡単に残高照会や銀行取り引きを行うことができます。オリックス銀行は窓口やATMを持たず、通帳やキャシュカードの発行もないので、入出金は原則ゆうちょ銀行や他行から振込で行うことになります。他行口座宛振込は月2回まで無料で、3回目からは432円となります。また、オリックス銀行宛の振込は無制限で無料となっています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.