マネックス証券のデメリット

マネックス証券のサポートセンターは、電話がつながりにくいという声があります。

日経225miniの手数料は安くない

手数料がとても安く、ネット証券を選ぶ際に重要なポイントとなるサイトの見易さも業界一を誇っているマネックス証券ですが、ここで一度、デメリットとなる部分も見ておきましょう。

一体にネット証券を利用する際のデメリットとなるのが、「分からないことがあった時の対応」です。証券会社の店舗があれば、そこへ出向くなり、そこへ電話をする等して質問できますが、ネット証券は基本的に全て顧客が自発的に行わなければなりません。

もちろん、各社、コールセンターを設置してサポート体制は万全にしていますし、マネックス証券のサポート体制も、コンピューター操作等の技術的なことも質問に応じてくれるなど、基本的にはとても充実しています。ただし、残念ながら、マネックス証券のサポートセンターは電話がつながりにくいという良くない評判があります。

また、マネックス証券の各種取引手数料は業界でも最安値のレベルに設定されていて、手数料を気にしないで取引ができるという魅力がありますが、一つだけ、先物取引の一種である日経225miniの手数料は業界内で比較しても安くないということがあります。

マネックス証券は以上のようなデメリットがあると言われていますが、サポートセンターの電話は絶対につながらないわけではありません。また日経225miniについては、先物取引であるという点でリスクが高い取引ですが、上手に投資できれば、利益が大きいです。そして手数料はマネックスポイントにもなりますから、実質無料であるともいえます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.