大和ネクスト銀行とは

大和ネクスト銀行は、大和証券グループ傘下のインターネット専業銀行です。

大和証券との連携サービスが前提

大和ネクスト銀行は、大和証券グループ傘下のインターネット専業銀行です。近年急速に増えつつある「新たな形態の銀行」の中でも比較的新しく、また少し特殊な銀行であると言えます。

現在、個人が所有する金融資産の多くが「預金」という形で占められています。大和ネクスト銀行は、この個人の預金を有価証券投資に繋げ、「貯蓄からと投資へ」という潮流を生み出すことを目的に設立されました。同グループの大和証券と連携し、大和ネクスト銀行の預金口座と大和証券の証券総合口座との間を自動で振替えるサービス「スイープ・サービス」を提供することにより、個人の預金という形で眠ってしまっているお金を「成長マネー」として市場へ流通させようとしているのです。

大和ネクスト銀行の構想は、2009年に大和証券グループ本社の役員会において発表され、2010年に大和ネットバンク設立準備株式会社が設立されました。金融庁による予備審査終了後、株式会社大和ネクスト銀行に商号を変更、銀行営業免許を取得して、2011年5月より営業を開始しました。

インターネット専業銀行であるため、自社の支店や窓口は持たず、インターネットを通じたダイレクトサービスと、大和証券各店舗の窓口を活用してサービスを提供しています。大和証券と連携したサービスの提供が前提となっており、出入金の際のキャッシュカードも、大和証券口座の「ダイワ・カード」を利用するため、大和ネクスト銀行の口座を開設するためには、まず大和証券の口座を開設する必要があります。

こうしたサービス内容を見ると、大和ネクスト銀行は、大和証券の証券口座を持っている人が便利に利用するための銀行、という印象を受けますが、もちろん大和証券グループとしては、大和ネクスト銀行の設立により、大和証券の新しい顧客を獲得したいという狙いがあります。そのため、普通預金の金利は0.8%、定期預金の金利は0.22%といずも高めになっています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.