メリットとデメリット

大和ネクスト銀行のメリットは、金利の高さです。

大和証券のプレミアムサービス

大和ネクスト銀行のメリットとして挙げられるのは、何と言っても金利の高さです。普通預金で0.08%(2013年10月31日現在)、一年の定期預金で0.22%(2013年10月31日現在)と他のインターネット専業銀行と比べても高く、特に普通預金については群を抜いて高い金利となっています。

また、大和ネクスト銀行の口座を開設し、ダイワのツインアカウントをもつことにより、銀行口座と証券口座間で資金を手数料無料で自動振替できる「スウィープサービス」を利用することができる点も、大和証券で投資を行っている人には大きなメリットだと言えます。預金口座のお金だけでなく、投資の待機資金も高金利の円普通預金として運用できるため、手間や手数料がかからず、しかも高金利での資産運用が可能です。

さらにツインアカウントをもつことで、大和証券のプレミアムサービスも享受できるようになります。大和証券のプレミアムサービスでは、資産の評価額に応じて、様々な商品と交換できるポイントが付与されたり、大和ネクスト銀行円定期預金の金利がさらに優遇されたりと、さまざまな特典サービスを受けることがでるため、二重にお得になると言えます。

デメリットとしては、公共料金の口座振替には対応していない点や、大和ネクスト銀行をクレジットカードカードの口座振替先に指定できるカード会社は、現在JCBカードのみである、という点が挙げられます。また、預金通帳も発行されないため、資産管理はパソコンやスマートフォンを通してオンライン上のみでしか行えません。そのため、普段使いのメインバンクとして利用するには少し難があるかもしれません。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.