みずほ銀行の定期預金

みずほ銀行の定期預金は大きく分けて4つの種類があります。それに加えて、預け入れ期間や、単利や複利などの利息の付き方のバリエーションもあるので、みずほ銀行の定期預金の商品は何十種類にも及びます。さらに、みずほマイレージのような取引実績に応じて得をするサービスを受けることもできます。

スーパー定期預金、大口定期預金、みずほ変動金利定期預金、期日指定定期預金

日本を代表するメガバンクであるみずほ銀行では、数多くの定期預金商品が提供されています。スーパー定期預金、大口定期預金、みずほ変動金利定期預金、期日指定定期預金と大きく分けただけでも4種類の定期預金があります。スーパー定期預金や大口定期預金では1ヶ月から10年までの様々な預け入れ期間が用意されており、預け入れ期間によっては更に単利商品と複利商品に分かれますので、定期預金商品は何十種類にも及びます。

その中でもみずほスーパー定期は、みずほ銀行の定期預金のうちで最も一般的な定期預金だと言えるでしょう。預け入れ期間は1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、3年、4年、5年、6年、7年、10年の中から指定するか、1ヶ月超えから10年未満で満期日を指定することもできます。預け入れ期間が3年を越える場合には半年複利を選択でき、より効率よく運用することも可能です。複利商品あるいは2年未満の単利商品の場合は、半年毎に計算される利息は満期日に受け取ることになります。しかし2年以上の単利商品の場合には、中間利払い日に利息の一部を受け取ります。最低預け入れ金額は1円からですが、預け入れ金額が300万円以上になると「みずほスーパー定期300」となり、基本的にはみずほスーパー定期と比較して有利な金利が適用されることになっています。ただし金利の情勢によっては、みずほスーパー定期と変わりがない適用金利になってしまいます。

預け入れ金額が1,000万円以上になる時には、みずほ大口定期預金に預け入れをすることになります。預け入れ期間はスーパー定期と同様、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、3年、4年、5年、6年、7年、10年の内から選択する定型方式か、1ヶ月超えから10年未満で満期日を指定する満期日指定方式を選ぶことができます。定型方式を選択した場合のみ自動継続の取扱いができるようになっています。みずほスーパー定期では預け入れ期間によって複利での運用も可能でしたが、みずほ大口定期預金は単利で運用される商品となっています。

また、みずほ変動金利定期預金は預け入れ期間の3年の間、半年ずつ適用金利が見直しされる定期預金です。金利の見直しに際して、預け入れ時に決まるスプレッド金利αという割増金利が基準金利に上乗せされるのが大きな特徴です。預け入れ金額によって適用される基準金利は異なりますが、スプレッド金利αは満期日まで一定のまま変わりません。みずほ変動金利定期預金では単利か複利かを選ぶことができますが、複利の場合には半年ごとに計算される利息は満期日に一括して受け取ります。単利の場合は6ヶ月毎の中間利払い日に利息の一部を受け取り、満期後に残りの全ての利息を受け取ります。

そして、1年間の据え置き期間を経過すればいつでも満期日を指定でき、一部引き出しも可能なのがみずほ期日指定定期預金です。預け入れ金額は1円以上300万円までの1年複利の定期預金商品で、据え置き期間を経過すれば一部引き出しすることも可能ですが、預け入れ期間は最長3年となっています。他の定期預金と同様に満期時には自動継続の取扱いを選ぶこともできます。

これら以外にも、毎月コツコツと貯めていきたいという方には、みずほ積立定期預金がおすすめです。いくつかのコースがありますが、預け入れ方は実に様々で利用者の都合に合わせてお金を貯めていくことができます。定額積立方式だと積立金額が月々5,000円以上であれば普通口座からの口座振替で預け入れられます。そして随時積立方式では1円からでも積立口座に直接預け入れが可能です。また毎月ではなくても偶数月や奇数月に預け入れたり、自分の都合の良い時だけ随時入金することもできます。預け入れ期間に特段の決まりはありませんが、6ヶ月から10年の期間で目標を設定して預け入れしていくこともできるので、無理なく確実に貯められるようになっています。いずれの定期預金の場合も、満期時の取り扱いを自動継続扱いにしておけば総合口座の担保にすることができ、普通預金の残高が足りなくなってしまった時に定期預金の残高の範囲内で自動的にお金を借り入れることができます。

みずほ銀行では数多くの定期預金を提供していますが、長期間の景気の低迷が影響して金利水準は非常に低くなっています。本来ならば商品や預け入れコースなどによって優遇されるはずの金利も引き下げられています。ですので、ネットバンクなど他の金融機関の定期預金商品と比較すると金利差はかなり大きくなっており、正直なところ利息の面ではあまりメリットは感じられません。しかし、みずほ銀行には申し込みをすれば取引状況に応じて様々な特典を利用できるサービスや、窓口に足を運ばなくても各種の手続きができるインターネットバンキングなどがあり、その利便性の高さは見逃すことができません。

例えば、みずほマイレージクラブでは毎月の取引実績に応じてサービスが付与されます。インターネットバンキングであるみずほダイレクトに登録していて、かつ定期預金残高が一定額以上であれば、みずほ銀行とイオン銀行のATMの時間外手数料が無料になりますし、コンビニATM手数料も月に4回まで無料になります。定期預金の残高によっては他行宛振込手数料が最大で月に4回まで無料になるという特典を受けることもできます。また、みずほダイレクトに登録をしておくとインターネットバンキングだけではなくて、スマートフォン向けバンキングやテレホンバンキングも利用できます。テレホンバンキングでは平日は21時まで、土日祝日も17時までオペレーターが対応してくれますので、定期預金の商品についての説明を受けながら手続きを行うことができ、インターネットが苦手な方でも安心です。

現在は定期預金の金利も低く、利息に期待することはできません。しかし高金利な外貨預金や利回りの良い投資信託などが元本割れのリスクを抱えているのとは異なり、定期預金は決して元本割れする危険のない安全な金融商品です。元本をしっかりと維持しながらも、みずほマイレージのようなサービスを賢く利用したいものです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.