4タイプの預金口座

三井住友銀行の預金口座は、4つのタイプに分類することができます。

残高に応じた金利を適用

三井住友銀行の預金口座は、取引状況や口座の残高に応じて、各種手数料を割り引きするサービスをセットできるユニークな預金口座であり、セットの仕方により4つのタイプに分類することができます。

まず基本となる預金口座は、他行と同じく「総合口座」です。総合口座は、普通預金および定期預金、積立型定期預金、そして国債や自動融資等を利用できる生活の基本となる口座であり、給与振込や年金の受け取り、公共料金やカード代金の引き落とし、定額自動送金など生活に必要な銀行取引全般を行うことができます。

この総合口座と、残高に応じた金利を適用する「残高別金利型普通預金」、そしてインターネットバンキング「SMBCダイレクト」をセットにした預金口座が「SMBCポイントパック」です。残高別金利型普通預金とは、毎日の最終預金残高に応じた金利を毎日適用する変動金利の普通預金です。預け入れ最終残高が30万円以上になると、金利が段階的に高くなるという特徴があります。SMBCポイントパックサービスの利用により、金利の上乗せや手数料の割引に使えるポイントが貯まる他、所定の条件を満たすことにより、三井住友銀行や提携コンビニATMの手数料が無料になります。

「SMBCファーストパック」は、残高別金利型普通預金、SMBCダイレクト、三井住友VISAカードの3つをパッケージにしたもの、つまり、SMBCポイントパックにクレジットカード機能を付加したサービスです。申し込み後、所定の審査に合格すると、キャッシュカードとクレジットカード(三井住友VISAカード)が1枚になった「SMBC CARD」またはキャッシュカード、クレジットカード(三井住友VISAカード)と「Suica」が1枚になった「SMBC CARD Suica」が発行されます。「SMBC CARD」での場合、年会費が初年度無料、次年度以降も買い物で一回以上利用すれば年会費無料となります。(「SMBC CARD Suica」は、初年度より1,312円の年会費がかかります。)

SMBCファーストパック デビューは、満18歳以上満23歳以下の学生の専用のサービスです。内容的には「SMBCポイントパック」に「電子メールお知らせサービス」を無料で付加したもので、契約口座から携帯電話料金の引き落しがあれば、三井住友銀行や提携コンビニATMの手数料が無料になるという特典があります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.