デパート積立とは

デパート積立とは、通称「友の会」と呼ばれるものです。

年利8.3%に相当

「友の会」という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。レジやお客様カウンターのリーフレットなどに紹介されているこの「友の会」こそ、最近「デパート積立」と呼ばれ、注目されているサービスです。この「友の会」は、毎月一定額を積立てていくと、一年後に1ヶ月分の積立額を加算した13ヶ月分の金額の買い物券を受け取ることができるサービスです。

例えば、毎月1万円ずつ一年間積み立てると、合計12万円の積み立てに1万円のボーナスが加算され、13万円分受け取ることができるのです。これを、貯金の利息に見立てると、「利子÷元本=金利」ですので、10,000÷120,000=0.083となり、年利8.3%ということになります。現在のメガバンクを中心とした主要銀行の定期預金の年利が0.025%であることを考えると、とても高い利率であると言えます。

更に、各デパートごとに、お中元・お歳暮シーズンの買い物優待や、提携宿泊施設やレストランの割引優待サービス、会員限定セール等のイベントへの招待等、バリエーション豊かな魅力的な特典が付加されていますので、日常的にデパートを利用する人にとってはメリット満載なサービスであると言えます。

デパート積立は、百貨店協会に加盟している全国のデパートで実施されています。北海道地区では4店舗、東北地区では10店舗、東京地区では22店舗、関東地区では37店舗、中部地区では13店舗、近畿地区では44店舗、四国地区では19店舗、九州地区では17店舗、沖縄地区では2店舗のデパートがデパート積立を取り扱っています。

どこのデパート積立もシステム的はほとんど変わりませんが、付加される特典が大きく異なりますので、よく比較してから自分に合ったものを選んで利用するとよいでしょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.