ネット銀行での口座振替

ネット銀行も口座振替に対応していますが、まだ都市部の電気やガスといった公共料金にとどまっています。

口座振替の申込は簡単

ネット銀行でも一般の銀行と同じように、口座振替をすることができます。口座振替とは、いちど金融機関で登録手続きをすると、電気、ガス、電話などの公共料金や、携帯電話、クレジットカードの支払いが、毎月自動的に行える便利なサービスです。コンビニ等に出向いても支払いはできますが、口座振替は生活する上で必要な支払いが毎月、口座から自動引き落としされるので面倒がありません。

ネット銀行の口座振替の申込は、郵送で行います。口座振替をしたい企業から口座振替依頼書を取り寄せて、必要事項を記入したら企業へ返送します。すると本登録の前に、企業より口座振替の依頼を受けたネット銀行から手続きの案内メールが届きます。手続きの流れはそのメールを参照することで分かります。

すると後日、ネット銀行から登録のためのメールが到着します。そこで、ネット銀行の公式サイトにログインして、口座振替契約の登録手続きを完了させます。登録手続きは、口座振替をする企業名を確認してから、パスワードの入力と取引の確定ボタンを押すだけの簡単な作業で完了します。また一部の企業の中には、オンラインの受付対応会社もあるので、ウェブ上での手続きだけで済む場合もあります。

しかし、口座振替の手続き自体は簡単なのですが、残念ながらネット銀行には口座振替のできる収納機関の数がまだ少ないのが現状です。東京電力や東京ガスといった都市部の電気やガスなどの公共料金は対応していますが、地方の電気やガスや水道料金などは、ネット銀行での口座振替では対象外となりがちです。

それでもネット銀行を使って公共料金の支払いをしたい場合は、クレジットカードを利用する方法があります。ネット銀行では、各種クレジットカード会社の自動引き落としは可能となっています。ですので、クレジットカードを経由させることで、口座振替のように公共料金を支払うことができます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.