デパート積立の選び方と活用方法

デパート積立は、全国で170店舗近くのデパートが取り扱っています。その選び方と活用方法を考えます。

数年間計画的に積み立てておく

全国で170店舗近くのデパートが取り扱っているデパート積立。どこのデパートでも、一年の積み立てで1ヶ月分のボーナスがつくという基本システムは変わりませんが、「友の会」に入会し、デパート積立を行うことにより得られる特典やサービスは様々です。ここでは自分にあったデパート積立の選び方と活用方法についてみていきます。

まず、初めに自分はデパート積立をすべきか否かを検討してみましょう。ここ数年間の生活を振り返り、年間13万円以上デパートで買い物をすることがあったか?を思い返してみてください。先にも述べたように、デパート積立はお金を積み立て、一年後に買い物券、もしくはプリペイドカードという形で還元されるものであり、基本的に積み立てたデパートでしか使うことはできません。いくら利子が高くお得だからと言っても、使い道がなくては意味がありませんし、買い物券があるからといって不必要なものを購入してしまうことは結果的に散財していることになってしまいます。

お中元やお歳暮、プレゼントなどで定期的にデパートを利用している人、服飾品や食器、食料品等普段の買い物をデパートでしている人、あるいは数年後にそのデパートで、高額な買い物をする予定がある人などが、デパート積立に向いていて、且つお得に活用できる人だと思います。

次にデパート積立の選び方ですが、一番のポイントは利用頻度です。自分の好きなブランドやお気に入りの店が入っている、自宅や通勤先に近いため立ち寄る頻度が高い等、よく利用するデパートを選んで積立を行いましょう。また、デパートごとに付加される特典やサービスの規約が異なりますので、そちらも合わせて確認しておくと良いでしょう。

次に活用方法ですが、積立金でお中元やお歳暮を贈る、積立金で洋服を買う等、自分の中でルールを決めると、積立金を無駄遣いせず、計画的に使うことができます。カードだとついつい使いすぎてしまうといった場合は、一月あたりの利用限度額を設定することもできます。

満期にもらえる買い物券やプリペイドカードには、通常有効期限がありません。 継続して積み立てる事も可能ですので、家具や振袖、スーツ等、高額なものを買うために数年間計画的に積み立てておくといった利用方法も有意義だと言えます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.