家計簿を継続させるコツ

家計簿継続のコツは、完璧を求めないことと、支出項目を細かくし過ぎないことです。

正確さや細かさよりも長く続けることを優先

「今年こそは家計簿をつけよう!」と、年明けから一ヶ月間は頑張ってみたけれど、次第に負担になって、結局三ヶ月くらいで挫折してしまう…といった経験はありませんか。挫折を繰り返すうちに、家計簿を続けられるのは、まめで几帳面な人だけ…と諦めてしまう方も多いかと思いますが、実はそんなことはありません。むしろ完璧主義で几帳面な人ほど挫折してしまう場合も多いのです。ここでは、家計簿を継続させるコツを二つ紹介します。

一つ目のコツは「完璧を求めない」ことです。家計簿は毎日きっちりつけて収支をピッタリ合わせなくてはいけない…などと思っていると、絶対に続きません。日々の生活の中では、レシートを無くしてしまう場合もありますし、自販機や売店等そもそもレシートの出ない場所で買い物をすることもあります。仕事や子育て、家事をしながら、それらの細かい出費を一つ一つ記録し、お財布の中身と家計簿を一円単位でピッタリ合わせるなんてことはまず不可能に近いと思います。「350円が使途不明…」等、細かい金額を気にしていると、段々面倒になり続きません。まずは「スーパーで食材を3,000円分くらい買った」、「子供の習い事に7,000払った」というざっくりとした記録で良いので、続けることに重点をおくようにすると良いでしょう。

もう一つのコツは、「最初から支出項目を細かくし過ぎない」ことです。まずは「住居費(家賃・水道光熱費)」「食費」「生活雑費」「教育費」「その他」の4つ程度で良いと思います。3ヶ月ほどつけた後、「住居費」以外で大きな割合を占めた支出項目について少し細かく分類してつけるようにしてみてください。例えば、生活雑費が多かった場合は、その項目を日用品、衣服、通信費、交通費と分類してつける、といった感じです。これを繰り返すことにより、最小限の手間で自分の支出傾向を把握することができます。

家計簿の目的は、支出項目の把握と収支バランスの把握です。毎月の生活で、大体どんなものにお金を使っているのか、そして全体的に見て収支バランスはとれているのかさえわかれば良いのですから、一円単位で正確に記録する必要も、支出項目を全て細かく分類する必要もないのです。正確に細かくつけられた3ヶ月分の家計簿よりも、ざっくりとした5年分の家計簿の方が、その家のお金の動きを把握でき、マネープランを練る上での有効なデータとなります。そのためにも、正確さや細かさよりもまずは長く続けることを優先すると良いでしょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.