横浜銀行のCSR活動

横浜銀行が最も力を入れているのが、横浜の未来を担う子供達の育成です。

地域の発展に貢献

横浜銀行は、円滑で充実した金融サービスを提供することによって地域経済の活性化に努めると同時に、地域に深く根ざした様々な活動を展開することにより地域社会の振興にも貢献しています。

環境保全や福祉活動、地域行事への参加といった活動に加え、最も力を入れているのが、横浜の未来を担う子供達の育成であり「文化・芸術」、「スポーツ」、「経済・金融教育」の3つの分野について、様々な体験プログラムやセミナー等を開催しています。

文化・芸術の分野では、横浜銀行がネーミングライツスポンサーである「はまぎん こども宇宙科学館」において、「はまぎんキッズ・サイエンス」という、小学生対象の体験学習を開催したり、横浜みなとみらいホールとの協同プログラム「横浜銀行Presentsこども未来ミュージック・プログラム」を実施したりしています。

スポーツの分野では、「横浜銀行カップ神奈川県学童軟式野球選手権大会」のスポンサーとなっている他、プロの選手を講師に迎えた少年サッカー教室や少年野球教室を開催しています。

経済・金融教育の分野では、地元の小・中学校、高等学校の「職場体験」等に協力したり、高校生を対象とした金融経済に関するクイズ大会「全国高校生金融経済クイズ選手権エコノミクス甲子園 神奈川大会」を主催したりしています。また、横浜市立大学および神奈川大学と産学連携し、大学で金融システムや金融政策、銀行経営等についての講義を行なったり、インターンシップを受け入れたりしています。

このように横浜銀行は、「地域の発展に貢献することにより地域と一体となって成長する」という経営理念に基づき、未来の地域社会の担い手となる次世代の人材の育成に取り組むことにより、地域に根ざした企業としての社会的責任を果たしているのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.