千葉銀行の歴史

千葉銀行は、1943年に千葉合同銀行・小見川農商銀行・第九十八銀行の3行が合併し誕生しました。

県内市町村の指定金融機関

千葉銀行の母胎となっている千葉合同銀行・小見川農商銀行・第九十八銀行の3行は、いずれも明治初期から中期にかけて創業しており、中でも第九十八銀行は1878年に千葉第九十八銀行として誕生した「ナンバー銀行」であり、3行の中では最も古い歴史を持っています。

銀行設立ラッシュの明治中期には、千葉県内には74の銀行が存在していましたが、金融恐慌や銀行合同策の強化により、昭和初期までにその数は6行までに減少しました。その後しばらくは第九十八銀行、千葉合同銀行、小見川農商銀行、東金銀行、千葉貯蓄銀行、野田商誘銀行の6行体制が続いていましたが、戦時金融統制の一環として行われた「一県一行主義」の下、1943年に千葉合同銀行・小見川農商銀行・第九十八銀行の3行が合併し、千葉銀行が誕生しました。

戦後の激動期、千葉銀行は貯蓄増強運動の推進策として割増金付定期預金「宝定期預金」を販売するとともに、戦後復興と地域産業の育成のための資金運用に努め、順調な発展を遂げました。ところが1956年、レインボー社への不正融資が表面化し、当時の頭取が逮捕されるという「レインボー事件」が起こり、社会的信用を失い業績も著しく低迷してしまいます。

銀行再建のため、千葉銀行は積極的に県内中小企業の資金調達に協力すると共に、京葉工業地帯へ進出する企業への融資にも取り組みました。その結果、京葉工業地帯の発展と共に、千葉銀行も資産を増やし、大きな発展を遂げました。また1960年代に千葉県の開発が活発化したのに伴い、地域を代表する金融機関として県財政への積極的な協力を行ったことより、県を始め多くの県内市町村の指定金融機関としての業務を受け持つようになりました。このように、千葉銀行は千葉県の発展と共に成長し、地元銀行としての営業基盤を強化して行ったのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.