愛媛銀行の成り立ち

愛媛銀行の歴史は、大正時代の無尽会社から始まります。

無尽講と頼母子講

愛媛銀行の歴史は、大正時代に愛媛県に設立された無尽会社から始まります。無尽とは、各個人が一定の金額を出し合い、資金を必要とする人がそれを借りるという金融システムであり、その歴史は古く鎌倉時代にまで遡ります。元々は農村において庶民間の相互扶助を目的に始められたものでしたが、江戸時代以降、地域や身分超えて大きく発展し、「無尽講」または「頼母子講」と呼ばれる大衆的な金融手段として確立していきました。

明治時代になると、無尽を生業とする無尽会社が登場し、大正初期までにその数は数百にまで増えます。愛媛銀行の礎となった「東豫無尽蓄積株式会社」も、この波に乗って設立された無尽会社の一つでした。

無尽会社は、会員に定期的に掛け金を払い込ませ、入札や抽選等により、掛金者に対して金銭以外の財産の給付(物品無尽)をするといった営業を行っていました。当時、こうした無尽会社の中には、詐欺的経営や利用者に不利な契約をさせる業者も多く存在しましたが、大正4年に「旧・無尽業法」が制定されて免許制になったことにより、悪質業者は排除されていきました。

昭和18年、東豫無尽蓄積株式会社、今治無尽株式会社、松山無尽株式会社、常盤無尽株式会社、および南豫無尽金融株式会社の5社が合併し「愛媛無尽株式会社」が設立されました。昭和26年に「相互銀行法」が公布・施行されたことにより、一社を除く全ての無尽会社は相互銀行へと転換します。愛媛無尽株式会社も商号を変更し「株式会社愛媛相互銀行」となりました。

その後、株式の上場、取り扱い商品の拡大、店舗展開およびサービスの拡充等を図り、平成元年2月、相互銀行から普通銀行へと転換、商号も現在の「株式会社愛媛銀行」となりました。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.