ネット銀行のメリットについて

ネット銀行のメリットは、まず既存の銀行に比べて金利が高いことです。

既存の銀行にも、ネットバンキングやネット支店がある

銀行のメリットは、お金に関する取引を一手に引き受けてくれることです。お金を貯めたいと思ったら、各金融機関で取り扱っている定期預金外貨預金の利用が便利です。普段の生活で必要なお金に関するやりとり、たとえば給与や年金の受取、公共料金の自動引き落とし、住宅ローンの貸付も行っています。

メガバンクや地方銀行の中には、ネット銀行のように口座開設をネット上で行える所もあります。ですので、わざわざ店舗へ出向いて手続きをする手間も無くなってきています。さらに自社ATM以外でも、全国にあるコンビニATMやゆうちょ銀行ATMなどの提携ATMが使える銀行も増えてきています。また、自行宛の振込手数料や他行宛の振込手数料が無料だったり、キャッシュバックやTポイントで還元するなどの独自サービスを行う金融機関も登場してきているので、さら使い勝手が良くなっています。

最近の多くの金融機関では、ネットバンキングやネット支店が設けられています。以前はネット銀行のメリットと考えられていた時間に縛られない自由な取引が多くの銀行で行えるようになりました。さらに、携帯電話やスマートフォンを利用すれば店舗まで足を運ぶ必要がないので、ATMや窓口に並ぶ時間を節約できます。

銀行の預金は、既存の銀行と比べるとネット銀行の方が高金利です。預金金利が高いと、それが銀行のメリットとなって預金者が増えます。そこで多くの金融機関は、金利キャンペーンなどのイベントを開きます。現在、金利を重視した預金を行うならネットバンクが有利です。

ある銀行のメリットにはその銀行の特色が現れている場合があります。たとえば、外資系の銀行なら外貨預金のラインナップが豊富です。また、証券会社がグループ内にある銀行だと互いの口座を紐付けするだけで資金移動が容易になります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.