香川銀行の消防団応援定期預金

香川銀行の消防団員応援定期預金は、香川県内の消防団員の方々が利用できる優遇金利定期預金です。利率は店頭表示利率に年0.1%が上乗せされます。ただし、預け入れ金額の上限は100万円で、預け入れ期間は1年です。

店頭表示利率に0.1%が上乗せされる優遇金利

香川銀行の消防団員応援定期預金は愛称を消防団員応援定期といい、香川県内の市や町の消防団員向けに金利が優遇されている定期預金です。

香川銀行の消防団員応援定期預金を利用できるのは、「公益財団法人香川県消防協会会員証」を提示することのできる香川県内の市や町の消防団員の方々です。ただし、セルフうどん支店では取り扱いをしていません。

香川銀行の消防団員応援定期預金の預け入れ期間は1年です。預け入れ金額は100万円以内で100万円が上限です。そして預け入れの単位は1円です。また預け入れの方法については、一括もしくは100万円以内での分割による預け入れとなります。払い戻しの方法については、満期後に一括して払い戻されます。ちなみに満期日以降は自動継続となり、元金継続と元利継続から選べます。

利息について見ていきます。消防団員応援定期預金に適用される利率は、預け入れをした日の店頭表示利率に年0.1%を上乗せした利率です。自動継続後の利率は、継続された当日の店頭表示利率となります。具体的な利率については、店頭窓口に問い合わせることができます。利払いの方法については、満期日および払い戻しの時に一括して支払われます。利息計算の方法については、付利単位を1円として1年を365日とする日割り計算で算出がなされます。そして受取り利息については、20%の源泉分離課税が掛かります(マル優の場合は掛かりません)。ただし平成49年12月31日までは復興特別所得税が追加課税されるので、20.315%となります。これは国税15.315%と地方税5%の合算からなるものです。

消防団員応援定期預金の中途解約利率については、次のように定められています。1.預け入れ日から6ヶ月が経過した応当日の前日以前に解約する場合は、解約日の普通預金の利率が適用されます。2.預け入れ日から6ヶ月が経過した応当日以後に解約する場合は、預け入れ日から解約をした日までの期間に応ずる預け入れ日の店頭表示利率の60%が適用されます。

香川銀行の消防団員応援定期預金に付加できる特約としては、資格がある場合にはマル優の取り扱いが可能となります。また、この消防団員応援定期預金は預金保険制度の対象です。預金保険制度の範囲内で保護されます。つまり香川銀行の他の保護対象となる預金と合算をして、1,000万円までの元本とその利息に限って保護がなされます。

万が一のために覚えておきたいこととして、香川銀行が契約をしている指定紛争解決機関は一般社団法人全国銀行協会です。もし消防団員応援定期預金の利用などを通じて、香川銀行との間にトラブルなどが発生した場合には、「全国銀行協会相談室」に相談をすることができます。電話番号は0570−017109、もしくは03−5252−3772です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.