学資保険と積立預金

学資保険と積立預金は、目的と家庭の状況を踏まえての選択が大切です。

教育資金専用の高金利の積立預金

学資保険と並び、子供の教育資金作りに利用されるものの一つに銀行等金融機関の積立預金があります。学資保険と積立預金、どちらがお得で貯蓄性に優れているのでしょうか。ここでは学資保険と積立預金の違いを見ていきます。

学資保険の満期は18歳以降とされているものが主流です。これは、子育ての中で大学入学のタイミングが、一番まとまった資金が必要になる時期だと考えられていることによります。つまり、学資保険は18歳の満期を迎えるまでは、一切教育資金として使うことはできないのです。

そのため、家庭の事情が変わり保険料を払うことが困難になってしまった場合や、私立の高校に通うことになり早めに資金が必要となってしまった場合は、学資保険を解約しなければなりません。途中解約した場合の解約返戻金(還付金)は、払い込んだ保険料を下回ることが多く、保障内容が多ければ多いほど返戻金は小さくなってしまいます。そのため、学資保険に加入する際には、途中解約しないよう、適切な満期日と無理なく支払いができる保険料を設定することが大切です。

これに対し積立貯金の場合は、満期日を自分で設定することができます。また銀行によっては一定の据置期間(数ヶ月)を過ぎれば自由に引き出すことができる積立預金もあるので、急な出費にも元本割れを気にせず対応することが可能です。

また金利も普通預金よりは高くなっている場合が多く、銀行によっては、教育資金専用の金利の高い積立預金の取り扱いもあります。最近では地方銀行が教育資金作りを目的とした積立預金に力を入れており、千葉銀行の「子供積立」、北越銀行の「積立定期預金プラス M 子育て応援」、愛媛銀行の「子育て応援積立定期預金」等、特別金利や教育ローン金利の割引などの特典のついた商品が数多く登場しています。

このように、学資保険と積立預金を比較した場合、純粋な貯蓄性という面では積立預金の方が柔軟性があり、運用率も高いと言えます。しかしながら万が一の場合には、保険料が免除となり、給付金も満額支給されるので学資保険の方が運用率は高くなります。学資保険と積立預金、目的と家庭の状況を踏まえて、よりよい方を選択することが大切です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.