住信SBIネット銀行のメリット

住信SBIネット銀行のメリットは、各種手数料が無料なことです。

住信SBIネット銀行なら、様々な取引が一つの銀行で可能

住信SBIネット銀行のメリットは、各種の手数料が無料設定されているところです。住信SBIネット銀行はネットバンクなので、入出金に提携ATMを利用します。その場合、イオン銀行セブン銀行では何回現金の預入や引出を行ってもATM手数料が無料です。また、ゆうちょ銀行ATMイーネット、ローソンATMの場合も入金手数料は何度行っても無料です。出金の場合は月5回までは無料で、6回目以降は1回108円と格安な手数料で利用できます。

また、振込や振替手数料も安価で利用できます。住信SBIネット銀行同士の口座振込の場合は、何度利用しても無料です。他行宛振込手数料は月3回までは無料で、4回目以降は1回154円で行えます。

しかし、2016年(平成28年)から住信SBIネット銀行ではスマートプログラムを導入する予定です。これは住信SBIネット銀行の商品やサービスの利用状況に応じて、現金に交換可能なポイントを貯めたり、ランク制度によって様々な優遇サービスが受けられる新システムです。ランクの段階により受けられるサービスが変わってくるので、これまでの特典が魅力だと感じていた人は住信SBIネット銀行のメリットが半減したように感じるかもしれません。

また住信SBIネット銀行では、グループ会社であるSBI証券の口座開設が必要となりますが、SBIハイブリッド預金の利用ができるようになります。SBIハイブリッド預金はSBI証券と紐づけされている普通預金口座で、住信SBI銀行からSBI証券への資金の移動がスムーズにできるようになります。さらにSBIハイブリッド預金に預けておくだけで、住信SBI銀行の普通預金よりも高い金利が適用されます。

ほかに住信SBI銀行のメリットとして、様々な取引が一つの銀行でできることが挙げられます。住信SBIネット銀行では預金はもちろん、住宅ローンやカードローンなどのローン商品、投信や債権などの投資商品、公営競技やBIG・totoなどの多岐にわたる商品の取扱いがあります。

住信SBIネット銀行のメリット

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.