養老保険や終身保険との違い

個人年金保険と同じく、養老保険と終身保険も老後資金を蓄えるための保険です。

基本構造は似ている3つの保険

個人年金保険のように、老後資金を蓄えるために利用される保険として、養老保険と終身保険とがあります。いずれも一定期間保険料を払い込むことにより、年金や満期金という形でお金を受け取ることができるタイプの保険ですが、この3つの保険には一体どのような違いがあるのでしょうか。

養老保険は、あらかじめ保障期間が決められた生命保険であり、保障期間が満了時に満期金を受け取ることができるというものです。この基本システムは個人年金保険とほとんど変わりません。違いは保障期間中に万が一契約者が死亡した場合の死亡保障にあります。個人年金保険は、契約者が途中で亡くなった場合、それまでに払い込んだ保険料が死亡保険金として支払われます。これに対し、養老保険は契約途中であっても、亡くなった時には事前に設定した死亡保険金を全額を受け取れるのです。ただその分、死亡保障料が上乗せされているため保険料は高めです。

終身保険は、その名が示す通り、一生涯に渡って死亡保障が続く生命保険です。保障期間が満了すると満期金をもらえるかわりに死亡保障もなくなってしまう養老保険に対し、終身保険はどんなに長生きしても契約者が亡くなった際には保険金が支払われます。当然のことながら、保険金を受け取るのは契約者ではなく遺族です。つまり、終身保険は、自分ではなく家族へ老後資金を残すことを目的とした保険であると言えます。

このように、個人年金保険、養老保険、終身保険は基本構造は似ているものの、その目的が少しずつ異なっているのです。個人年金保険は、自分の老後資金を確保することが目的であるのに対し、終身保険は家族の老後資金を確保することを目的としており、養老保険はその中間にある、といったイメージです。これらの違いを理解した上で、自分の目的に最も適した保険を選ぶことが大切です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.