信託銀行とは

信託銀行とは、銀行業務と信託業務の両方を営む銀行です。

莫大な財産の管理が得意

信託銀行とは、銀行業務と信託業務の両方を営んでいる銀行のことです。信託銀行は、銀行の種類では、普通銀行に区分される事がありますが、信託銀行は普通銀行とは違った特徴があります。その大きな特徴は信託業務を指します。信託業務は、委託者の財産を信託銀行の名義で預かり運用します。そして、得た利益は受益者に渡されます。

信託銀行の利用で財産を預ける人のことを委託者といいます。そして、預かる側の人(この場合は信託銀行)を受託者といいます。受託者には、信託銀行の他に都市銀行地方銀行が商品によってなる場合があります。受託者が運用して得た利益を受取る人のことを受益者といいます。委託者が受益者とイコールの場合もあります。

信託銀行の中には、通常の銀行や他の信託銀行との差別化を計り、信託業務に特化している銀行もあります。より専門性を強化し、安全で確実な資産運用を実現しています。

信託銀行は、信託業務の他に、現金の預貯金はもちろん、株や債券などの金融資産や不動産などの管理・運用も行います。投資信託は、資金を投資家から集め管理します。さらに運用会社からの指示で資産の売買を行います。

銀行や証券会社は投資信託の販売をしていても、資産を預かることはありません。それらの資産を預かるのが信託銀行です。その信託銀行がもし破綻するようなことになれば、預けている資産はどうなるのか?と心配されるかもしれません。しかし、信託銀行が破綻した場合でも資産はすべて保護されます。

信託の言葉の意味は、信じて任せる事です。信託銀行は、財産を預けられ、その財産の運営や管理を代わりに行い、利益を受益者に渡します。運営や管理には手数料などが掛ってきますが、莫大な財産の管理が難しい方にはとても頼りになる銀行です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.