信託銀行のサービス

信託銀行のサービスは、大変に多岐にわたっています。

信託銀行では投資信託もサービスの一つ

信託銀行のサービスは多岐にわたります。銀行の業務も行いながら信託業務もこなします。

信託銀行のサービスの中に資産管理業務があります。これは、アメリカ発の年金基金の運営や管理の仕組みのことで、マスタートラストとよばれています。日本で初めてできた資産管理業務に特化した信託銀行は、日本マスタートラスト信託銀行株式会社です。ほかに、みずほ信託銀行株式会社などがある、みずほフィナンシャルグループ系の資産管理サービス信託銀行、りそな銀行・三井住友信託銀行系の日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社、三井住友フィナンシャルグループ系のSMBC信託銀行、野村ホールディングス系の野村信託銀行などがあります。

信託銀行のサービスには、銀行でも取り扱っている投資信託があります。投資信託はその商品の性格上、様々な機関が関わり、システムを運用しています。まず、銀行や証券会社は「販売会社」として商品を販売します。そして、販売され、集められた資産は「運用会社」で、どのように資産を増やすか決められます。実際に、その指示通りに株や債権などの売買を行うのは「信託銀行」の役目になります。また、信託銀行では、集めれた資産を保管する役割も持っています。

信託銀行のサービスで、プロに運用を任せられるのが投資信託です。みずほ証券では、系列のみずほ信託銀行で取り扱っている、投信の事務手続きの受付、取り次ぎをする「みずほ信託銀行取次サービス」を行っています。上場株式の口座振替や非上場株式の名義書換、単元未満株式の買取請求・買増請求などが行えます。実際に投資のプロから詳しい話を聞いたり、セミナーなども開催しているので、投資信託の基礎を知り、資産活用の一つとして取り入れたいと思った時に、すぐに活用できるサービスです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.