年金の歴史

年金制度の始まりは軍人への恩給制度であったと言われています。

「企業の福利厚生」と「国の恩給制度」

年金制度は、老後の生活費用を保障するための仕組みですが、その始まりは軍人への恩給制度であったと言われています。明治時代初頭に、軍人をはじめとする公務員を対象に恩給制度が作られました。それが1923年の「恩給法」の制定により一本化され、後に現在の公務員の年金制度である「共済年金」へと移行しました。

企業年金の始まりは、現在の「カネボウ化粧品」の源流となっている「鐘淵紡績」が、1905年に従業員の福利厚生の一つとして始めたものでした。昭和に入り、厚生省の設置や国民健康保険法の制定といった社会保障政策が進み、1941年に現在の「厚生年金保険法」の前身となっている「労働者年金保険法」が制定されました。

国民年金の始まりはもう少し遅く、日本の「国民皆年金制度」が確立したのは戦後に入ってからでした。1959年に「老齢、障害又は死亡によって国民生活の安定がそこなわれることを国民の共同連帯によって防止し、健全な国民生活の維持及び向上に寄与する」ことを目的として「国民年金法」が制定され、1961年より保険料の徴収が始まりました。その後、職域に関わらず全国民が共通して利用できる年金制度「基礎年金制度」が導入されました。こうして現在の共済年金、厚生年金、国民年金から成る、公的年金制度の骨格が完成しました

現在、会社員と公務員は、厚生年金と共済年金という制度上別の組織にわかれています。厚生年金にはない「職域加算」が行われている共済年金は、公務員優遇で不公平であると長年問題視されており、現在、その不平等性を是正するため、厚生年金と共済年金を一元化する方向に進んでいます。

いずれも同じ社会福祉制度でありながら厚生年金が「企業の福利厚生」として始まったのに対し、共済年金は「国の恩給制度」として始まったという歴史的背景の違いが、このような形で反映されているのかもしれません。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.