年金の分類

年金は給付の種類によって、3つに分類できます。

老齢年金と障害年金と遺族年金

年金というと、老後に生活資金として給付されるものというイメージが強いですが、年金は給付の種類によって3つに分類することができます。

一つ目は「老齢年金」であり、25年以上保険料を支払う等規定の受給資格要件を満たすことにより、老後の生活費として年金が給付されるものです。20歳から60歳までの40年間、保険料を納めると、65歳から満額の老齢基礎年金が支給されます。

二つ目は「障害年金」と呼ばれるものです。年金に加入している間にかかった大きな病気や怪我によって、法令により定められた障害の状態になってしまった場合に支給される年金です。

三つ目は「遺族年金」です。文字通り、年金の被保険者が死亡した場合に、残された遺族に対して支給される年金です。

このように年金は、老後の生活資金としての役割だけではなく、様々な事由により生活の安定が損なわれてしまった場合の備えとしての役割も担っているのです。

また年金は、運営手法によって「公的年金」と「私的年金」の二つに分類することができます。

公的年金とは、国が運営する社会保障制度であり、全国民加入義務のある「国民年金」、民間企業の労働者を対象とした「厚生年金」、公務員や教職員等共済組合の組合員を対象とした「共済年金」の3つの種類があります。その具体的な内容については次の項でみていきます。

それに対し私的年金とは、企業や個人が任意で加入する年金で、公的年金に上乗せする形で給付されるものです。より豊かな老後の生活を目指して加入する場合が多く、種類としては、「国民年金基金」、「厚生年金基金」、「確定給付年金」などが挙げられます。

近年はここに民間の保険会社などが取り扱っている「個人年金保険」を加える場合もあります。個人年金保険とは、一定期間保険料を払い込むことにより、将来年金を受け取ることができるという保険商品の一つです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.