楽天銀行のメリット

楽天銀行のメリットは、預金や公営競技や公営くじなどのいろいろな取引がネット上で行える点です。

楽天銀行のハッピープログラムでさらにメリットが満喫できる

楽天銀行のメリットは、様々な銀行取引がネット上で完結できることです。楽天銀行は以前はイーバンクという名称であり、ネットバンクの先駆け的な存在でした。PCや携帯電話を使ってのインターネット上での振込や、普通預金定期預金の預入といった銀行取引はもちろん、競馬や競輪、totoやBIGなどの公営競技や公営くじが簡単に行えるサービスの幅広さが支持されていました。

また、グループ会社にネット証券楽天証券が誕生した後は、さらに楽天銀行のメリットが増しました。たとえば、楽天銀行の普通預金の金利は、ネット銀行の中でも低いといわれています。しかし、楽天証券の証券口座開設後、楽天銀行と楽天証券の口座間の連携サービスである「マネーブリッジ」に申し込みをすることで、普通預金の金利が約5倍に跳ね上がります。

楽天銀行では、預金残高やサービスを利用している状況に応じて会員ステージが上がる、「ハッピープログラム」も実施しています。このハッピープログラムは無料エントリーするだけで参加ができ、ランクアップする毎に優遇サービスが受けられます。

VIPやスーパーVIPの方は、ハッピープログラム内の銀行取引サービスが優遇されます。さらに、東北楽天ゴールデンイーグルスの試合やクラシックコンサートへの招待といった特典も加わり、楽天銀行のメリットがより満喫できます。

ハッピープログラムでランクアップする条件として、比較的難易度の低い取引が「給料振込+自動引落(口座振替)」です。この2つの取引を3ヶ月間継続すると、ランクがVIPになります。VIPになると提携ATM手数料が月5回まで無料になります。そのため、給料振込口座を楽天銀行に指定できるのなら、迷わず設定しておきたいです。また、給料振込がされるたびに楽天スーパーポイントが付与されるなど、様々な楽天銀行のメリットが受けられます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.