注目される個人年金保険

個人年金保険とは、老後の生活資金を準備することを目的とした保険商品の一つです。

保険会社などの保険商品

現在の日本の公的年金制度は、世代間扶養の思想に基づく「賦課方式」によって運営されていますが、急速な少子高齢化により、働く世代の負担の増大やそれを回避するための年金給付の抑制など、その存続自体が危ぶまれるほど様々な課題を抱えています。

こうした中、注目を集めているのが個人で行う積立方式の年金「個人年金保険」です。個人年金保険とは、老後の生活資金を準備することを目的とした保険商品の一つであり、主に保険会社等で取り扱われています。一定期間、保険料を支払うことにより、規定の時期より年金としてお金を受け取ることができる仕組みになっています。

個人年金保険では、保険会社へ払い込んだ保険料と、その保険料を保険会社が運用して出した利益が年金として給付されます。つまり、個人でお金を積み立て、それを運用してもらい、将来そのお金を自分で受け取ることができるのです。運用によって利益が出れば年金支給額は大きくなりますが、一方で利益が少なければ支給額も下がってしまうというリスクもあります。

個人年金保険は、運用方法によって「定額年金」と「変額年金」の二つに分類されます。「定額年金」は、運用利率があらかじめ決まっており、受け取る年金の最低額が保証されている商品です。一方「変額年金」は、払い込んだ保険料の運用実績により将来の年金額変動する、より投資性の高い商品です。

公的年金や従来の私的年金と異なり、個人年金保険はバリエーションが豊かであり、年金の給付開始年齢や年金の受取期間も比較的自由に設定することが可能です。ただし、年々多様化が進み、その仕組みも複雑化しています。家族構成や加入している他の保険の保障内容、家計の状態などを踏まえた上で、どの種類の個人年金が適しているのかをよく検討し、内容をよく理解した上で加入することが大切です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.