企業年金と退職金

現在、確定拠出年金という新しい企業年金制度へ移行する動きが見られます。

確定給付年金と確定拠出年金

適格退職年金制度の廃止により、現在多くの企業で退職金制度の見直しが行われており、従来の一括型の退職金から「確定拠出年金」という新しいスタイルの企業年金制度へと移行する動きが見られます。退職金と企業年金、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

実は退職金と企業年金は全く別のもの、という訳ではなく、むしろ広義に言えば、退職金とは企業を退職した際に支払われるお金であり、企業年金もその中の一つということになります。企業を退職する際に支払われるお金のうち、一括で支払われる一時金が「退職一時金」であり、年金形式で支払われるのが「企業年金」なのです

「退職金」と聞いて私たちがイメージするものは、公務員の退職手当のように、退職時に一括して支払われる「退職一時金」です。退職一時金の形で支払われるものとしては、先に述べた公務員の退職手当や、掛金を企業内部に積み立て退職時に給付するタイプのもの、そして中小企業退職金共済制度によるものが挙げられます。

中小企業退職金共済制度とは、企業年金を独自に運営することが難しい中小企業のために、厚生労働省所管の独立行政法人が運営している制度であり、国の援助と事業主の相互共済より退職金を用意するものです。企業は毎月共済に従業員の掛金を積み立て、共済制度側が積立金を管理・運用し、給付を行います。

これに対し企業年金は、銀行や生命保険等の金融機関に退職金のための掛金を積み立てて運用し、将来年金という形でお金を給付する制度です。企業年金の種類はいくつかありますが、大まかに「確定給付年金」と「確定拠出年金」の二つに分類することができます。

確定給付年金は伝統的なタイプの企業年金であり、年金の給付金額が確定している年金です。「確定給付企業年金」という新しい制度と「厚生年金基金」の2つがあります。

確定拠出年金は通称「日本版401k」とも呼ばれているもので、企業が積み立てる金額のみが確定しており、年金の給付額は運用結果により決定されるというものです。近年この確定拠出年金を導入する企業が多くなっています。資産運用方法や支払い方法、受け取り方法を自分で設定することができるので自由度は高いのですが、年金受取額が読みにくいというデメリットがあります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.