話題の401kとは

新しいスタイルの退職金が、確定拠出年金、通称「日本版401k」です。

年金給付額は運用実績による

新しいスタイルの退職金として語られることの多い確定拠出年金。通称「日本版401k」とも呼ばれるこの制度は一体どのようなものなのでしょうか。

401kという名前の由来は、アメリカ合衆国の内国歳入法(Internal Revenue;I.R.C.)の条項名からきています。つまり、元々はアメリカ由来の制度なのです。

確定拠出年金は、企業の退職金を退職時に一時金として一括で受け取るのではなく、企業が毎月積み立てたお金を退職時まで自分で運用し、老後に年金形式で受け取るという年金制度の一つです。「離転職時の年金資産の持ち運びが十分確保されておらず、労働移動への対応が困難」という既存の企業年金制度の問題を補う、新しい制度として平成13年10月より導入されています。

確定拠出年金は、退職金制度の一つではありますが、実態としては老齢年金に近いものであり、一定の年齢(60歳)になるまでは、口座にお金が貯まっていても引き出すことができないというデメリットがあります。これは思いがけず早期退職をしてしまった場合などには大きな痛手となります。

また、確定拠出年金の年金給付額は、運用実績によるため、運用結果によっては年金額が減ってしまう可能性もあります。

一方で、この確定拠出年金制度には大きなメリットがあります。それは「積み立てたお金は企業の都合で減らされることはない」という点です。企業の景気が悪くなっても、万が一企業が倒産してしまっても積み立てたお金は全額保護されます。また、積み立てた年金資産は加入者ごとに管理されるので、常に自分で残高を把握できますし、勤続期間が3年を越えれば、転職などによって会社が変わった際にも年金資産の持ち運びが可能です。

奉公人への暖簾分けから始まった日本の退職金制度は、社会の個人主義化に伴い、自己の責任が大きい企業年金制度へと移行しつつあるのです。自己の責任が大きいことは自由度が高いことの裏返しでもあります。その自由度を最大限に活かして自分でしっかり運用し、老後の生活に備えましょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.