宝くじの種類

宝くじは、種類によって抽選のシステムや楽しみ方が違います。

3つのタイプの宝くじ

宝くじは、その種類によって抽選システムや楽しみ方が異なります。現在の販売されている宝くじは、大まかに「開封くじ」、「被封くじ」、「数字選択式宝くじ」の3つのタイプに分けることができます。

開封くじとは、いわゆる一般的に言うところの「宝くじ」であり、事前に組と番号が印刷された宝くじ券を購入し、後日行われる抽選により決定する当選番号と一致すれば、当選金をもらうことができるタイプの宝くじです。「普通宝くじ」とも呼ばれています。具体的には「グリーンジャンボ」、「ドリームジャンボ」、「サマージャンボ」、「オータムジャンボ」、「年末ジャンボ」の5種から成るジャンボ宝くじ、「宝くじの日記念」に代表される「全国通常宝くじ」、「東京都」「関東・中部・東北自治」「近畿」「西日本」の4つのブロック内で発売される「ブロックくじ」、通称「レインボーくじ」と呼ばれる「地域医療等復興自治宝くじ」などがあります。

番号を選んで購入する開封くじに対し、番号がシールで被われているタイプのくじを「被封くじ」と言います。イメージとしては、バーガーショップなどで配られる「スクラッチカード」のようなもので、購入後に券面の銀色のシールをコインなどで削ると、その場で「当たり」「はずれ」がわかるタイプの宝くじです。発売当初は「インスタント」と呼ばれていましたが、現在は「スクラッチ」と呼ばれ、親しまれています。ラッキー3、ハッピーリンク、お年玉スクラッチ、幸運の女神スクラッチなど様々な種類があり、一枚100円〜200円で手軽に楽しむことができる宝くじです。

三つ目の「数字選択式宝くじ」と呼ばれるタイプは、欧米由来の宝くじです。マークシートのような券を購入し、規定のルールに従い自分で番号を選び、その選んだ番号が後日行われる抽選で決定した当選番号と一致すると、当選金をもらうことができるというシステムになっています。数字選択式宝くじは数字の選択方法によって「ナンバーズ」と「ロト」に分類されています。「ナンバーズ」は自分で3ケタ、または4ケタの数字を選ぶもので、毎日購入可能であり、抽選も毎週5回行われます。「ロト」は、規定の数字の中から異なる7個または6個、5個の数字を選ぶもので、毎日購入可能で抽選は毎週1〜2回行われます。当選者がいない場合はキャリーオーバーが発生するため、当選金額が高額になっていくという特徴があります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.