ETFとインデックスファンド

ETFとは、インデックスファンドの仕組をより発展させた金融商品と言えます。

ETFはインデックスファンドの仲間

ETFとインデックスファンドについて説明します。ETFはインデックスファンドの仕組をより発展させた金融商品です。インデックスの進化系と言う事もでき、インデックスファンドを行う上で、ETFには大いに注目する必要があります。

ETFとは、複数の株式銘柄を一つの証券にしたものです。株式などの証券には、受益権というものがあります。その証券によって得られる配当や利息、売却額などを受け取る権利のことです。複数の株式の受益権を証明する証券を用意することで、複数の証券を一つの証券にまとめることができます。これがETFの仕組みです。複数の株式を一つにまとめて運用しているという点で、ETFはインデックスファンドの仲間であると言う事ができます。

ETFはインデックスファンドと違って証券化されているので、市場で売買することができます。そのためインデックスファンドに比べて柔軟な運用が可能となり、上手く運用すればより大きな利益を手にすることができます。反面、ETFは市場価格がつけられるので、インデックスとの価格の乖離も大きくなってしまいます。つまりインデックスを基準とした計画的な運用が難しくなってしまい、さらに大きく価格が下落するリスクもあるのです。

また、ETFはインデックスファンドよりも信託報酬が安く、販売手数料が高いという特徴があります。ETFを保有している間にファンドマネージャーへ支払う報酬は安いですが、売買する際に証券会社へ支払う手数料は高いということです。そのためETFはインデックスファンドに比べて、長期間保有するのに適していると言えます。

ETFはインデックスファンドの発展系ですので、ETFの方が優れているという意見もありますが、インデックスファンドとETFのどちらが総合的に優れているかは、評価が難しいところだと思います。細かい売買を繰り返して積極的に利益を目指すのであれば、インデックスファンドを選び、長期間保有して手堅く配当や利息を狙うのであれば、ETFを選ぶべきでしょう。自分のニーズに合った運用ができるように、ETFとインデックスファンドをよく見比べて選んでください。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.