インデックスファンドの運用

インデックスファンドの運用の方針は、分散投資が基本です。

インデックスファンドの運用は利益を目指すこと

インデックスファンドを運用する際の注意点や、手堅い運用法を紹介します。インデックスファンドが優れた金融商品であるとは言っても、実際にどのような方針でインデックスファンドを運用すればよいのかが分からないと困ってしまいます。

インデックスファンドの運用の方針は、分散投資が基本となります。一つのファンドに資金を集中させるのではなく、複数のファンドに資金を分散させて投資するのです。こうすれば一つのファンドが暴落することで運用資産を損なうリスクを、減らすことができます。国内だけでも様々なインデックスファンドが販売されていますし、証券会社の中には国外のインデックスファンドを扱っているものもあります。分散させる際の比率は、リスクとリターンのバランスを考えながら決めましょう。より手堅い資産運用がしたいなら、低リスク低リターンのファンドに多めに投資します。積極的に資産を増やすことを望むなら、その度合いに合わせて高リスク高リターンのファンドへの投資額を増やしましょう。大まかに言って、日本を含む先進国のインデックスファンドは低リスク低リターンであり、経済発展著しい途上国のインデックスファンドは、高リスク高リターンです。分散投資は、インデックスファンドだけでなく、全ての投資信託や資産運用の基本と言えます。

当然のことですが、購入するインデックスファンドがどのインデックスに連動しているものなのかを確認することが、インデックスファンドを運用する上で重要です。リスクとリターンのバランスがおおよそ同じファンドであるならば、できるだけ現時点で上向きのインデックスに連動したファンドを選ぶべきです。

また、インデックスファンドの構成銘柄の詳細にも注目が必要です。インデックスファンドの構成銘柄は、インデックスの構成銘柄からさらにいくつかの銘柄に絞られ、さらに構成比率にも差があります。もしも業績を落としている企業の株式を多く含んでいれば、そのインデックスファンドにより得られる利益は対象とするインデックスと見比べて大きく下回るものとなります。インデックスファンドの運用においては、できるだけ良い業績の企業の株で構成されたインデックスファンドを選びましょう。

インデックスファンドの運用というのは、比較的安全性が高いとは言っても、元本割れのリスクを持っています。そのため預金と同じような資産保持には向いていません。あくまで利益を目指す運用法となることを、よく覚えておいてください。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.