関西アーバン銀行とは

関西アーバン銀行とは、関西を中心に展開している地方銀行です。

関西の第二地方銀行

関西アーバン銀行とは、大阪や滋賀など関西を中心に展開している地方銀行です。2012年には創業90周年を迎えた老舗ですが、複数回の商号変更や複数の銀行との合併をしています。三井住友銀行の子会社ということもあり、高い安心感のある銀行です。

関西アーバン銀行は、地域に密着したお客様重視、地域共存共栄の銀行を目指しています。さらに高い経営効率と強靭な経営体力の構築で持続的な安定成長を続け、企業価値向上を目指しています。生き生きとした人材集団の形成で、風通しのよい企業風土と信頼されるたくましい人材育成を方針にしています。

顧客にはアンケートを実施、電話による意見や要望を経営に反映しています。そこからの意見を取り入れ、無料で使えるATMを増やして欲しいというリクエストに、平成22年からゆうちょ銀行やイオン銀行、三井住友銀行の他、三重銀行や大垣共立銀行のATMを無料化にしました。他に、インターネットバンキング・モバイルバンキングサービスの利用時間の延長希望に答え、平成23年から一部サービスの延長を実施しています。

関西アーバン銀行の特徴は、第二地方銀行ながら、全国で便利に利用できることです。店舗のほとんどは関西近辺に集中しています。しかし、親会社の三井住友銀行のATMはもちろん、ゆうちょ銀行、セブン銀行、イオン銀行等のATMが利用できます。そのため、関西在住以外の方でも地域的な影響はあまり感じないようです。

関西アーバン銀行のサービスを分類すると、「お金をためる・ふやす」「お金をかりる」「将来にそなえる」「サービス」の4種類です。取扱商品は投機的なものはあまりありません。地道に資産を増やす堅実な商品が多いようです。

近年のインターネットの普及でインターネットバンキングやモバイルバンキングも充実しています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.