空売りのしくみ

空売りのしくみは、難しくはありません。通常の株取引と逆方向の取引です。

空売りは、安く買ったものを高く売る

空売りのしくみは、それほど難しいものではありません。通常の株取引と逆方向の取引を行う、とイメージするのが最もわかりやすいでしょう。通常の株取引は、株価が低い時に株を購入しておき、株価が上がったタイミングで株を売却することで、利益を得ます。つまり、安く買ったものを高く売ることによって、その差額を利益とする取引方法です。そのため、株価が上がるほど、利益も大きくなります。

空売りのしくみは、これと正反対であり、高く売ったものを後で安く買い取ることにより、利益を得ます。空売りは、株価が高い時に、証券会社から株を借りて売却し、株価が下がってから株を買い戻すことにより利益を得る信用取引です。つまり空売りは、株価が下がるほど、利益をあげることができる取引なのです。

例えば、100万円のA社の株を取引証券会社から借り、すぐ売却したとします。すると、100万円が手に入りますが、その株は借りたものですので、返却するために買い戻さなければなりません。空売りで、ポイントとなるのは、この買い戻しのタイミングです。利益を得るためには、株が値下がりした時を狙う必要があります。A社の株が80万円に値下がりしたタイミングで株を買い戻すと、差額の20万円が利益として残ります。これが、空売りの基本的なしくみです。

空売りのしくみを理解すれば、どのような銘柄を選んで取引すれば良いかも、自ずと見えてくることでしょう。普通の取引では「将来値上がりしそうな業績の良い企業の株」を選びますが、空売りの場合は「将来値下がりしそうな業績不振の企業の株」を狙うのです。

空売りは、株を貸し出す側にも利益がでるしくみになっています。空売りを行うためには、証券会社に信用取引口座を開設し、株を借り受ける必要がありますが、その際、証券会社に対して貸出手数料を支払わなければなりません。また証券会社によっては、口座開設や口座維持費をとられる場合もあります。

また、銘柄によっては株を借りる為の利子「逆日歩」の支払いを求められる場合もあります。証券会社は、貸し出すための株が不足した場合、機関投資家などから株を借りて調達します。その際にかかる貸出料を、証券会社は「逆日歩」という形で徴収しているのです。逆日歩の金額は、株の不足具合によって変動するため予測がつきにくく、場合によっては損失が出る場合もあります。そのため、逆日歩のついた銘柄を空売りする際には、リスクを覚悟しなければなりません。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.