J-REITの構造

J-REITは投資信託と非常に構造が似ています。

J-REITと投資信託

J-REITの構造を理解することは、J-REITを活用する上でとても重要なことです。J-REITの構造を理解していれば、金融商品としてより上手く活用することができますし、損害になりうる危ないJ-REITを証券会社に買わされることも少なくなるでしょう。

J-REITの構造は、投資信託の構造と非常によく似ています。J-REITの構造とは、複数の投資家から資金を集め、大きな資金にして投資の専門家に運用を任せて積極的に利益を狙っていくというものです。資金を預かった投資の専門家が不動産証券を購入し、それによる配当利益や売却額を、投資額に応じて投資家に分配しているのです。こうすることで、小口の資産を大口化し、より効率的な資産運用が可能となるのです。証券価格が上昇すれば、売却による利益が大きくなりますし、逆に値下がりすれば、配当利益を食いつぶして元本割れすることもあります。

J-REITは、複数の企業から構成されています。まずJ-REITという金融商品を設定するのは投資法人です。彼らは、証券取引所の会員であり、市場に流通する不動産証券を売買することができます。この投資法人を指してJ-REITと言う場合もあります。投資法人に、不動産証券をどのように売買して利益を出すかという戦略を指示するのが、投資信託委託業者です。証券取引所に投資法人が上場したJ-REITを投資家に販売するのは、証券会社や銀行など販売会社です。投資法人と投資家は直接には結びついておらず、この販売会社が投資法人と投資家を仲介しています。さらに、事務や資産保管、会計監査などの諸々の仕事は、それぞれ投資法人から委託された専門の業者が行っています。

J-REITの構造の中で主役となるのが、投資信託委託業者です。彼らは、どのような戦略で資産運用を行うかを決める投資の専門家です。彼らの活躍次第で、投資家や、投資法人が得られる利益が決まります。このような重要な仕事を請け負う投資信託委託業者には、十分な財産的基礎があるか、業務を公正に行う能力と信用があるかといった、厳しい審査基準があります。こうした基準を全て満たし、内閣総理大臣の認可を得た業者でないと、投資信託委託業者にはなれません。いい加減な業者に大切な資金を預けることなどできませんから、当然ですよね。

このようにJ-REITはかなり複雑な構造をしています。こうしたJ-REITの構造をよく理解し、上手く活用してください。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.