J-REITのやり方

J-REITのやり方としては、まずは証券会社に口座を開設することです。

J-REITは証券会社を通じて売買をする

J-REITのやり方を説明します。J-REITもやり方を知らなければ何も始まりませんよね。

まず、J-REITのやり方として、何はともあれ証券会社に口座を開かなければなりません。J-REITが取り扱う不動産証券は証券取引所で売買されていますが、証券取引所を利用できるのは、証券取引所の会員だけです。そのため一般の方は、会員である証券会社に注文して、代わりに不動産証券を売買してもらいます。証券会社への注文は、電話、ネット、窓口から行うことができます。J-REITを初めて行う人は、証券会社の窓口に行って、資料を見ながら詳細な説明を受けるようにしましょう。

J-REITの注文のやり方には、指値と成行の二つの種類があります。不動産証券の価格は市場原理によって常に変動しています。指値注文は、売買する証券の数量と価格を指定する注文です。価格と数量が決まっているので、安全かつ計画的な運用ができます。反面、指定した価格以外では売買が行われないので、売買が成立しないこともあります。成行注文は、売買する証券の数量だけを指定します。証券会社は指定された数量を、できるだけ投資家に有利な価格で売買します。そのため指値注文に比べて大きな利益が見込めるのですが、もしも市場価格が大きく変動した場合には、大きな損害となる危険もあります。指値注文は安全だが利益が出にくく、成行注文は危険だが利益が出やすいと覚えてください。

売買のタイミングについてJ-REITのやり方は、配当と価格から決めてください。J-REITの配当と価格は、反比例の関係にあります。J-REITの価格はそのままJ-REITの人気と考えていいです。人気が下がれば人気を上げるために配当が上がり、人気が十分高いならば出費を抑えるために配当は下がります。価格が下がっているときは配当が高くなりますし、購入費用も少なく済むので買い時です。配当が下がっているときは、価格が高くなっているので売り時です。

J-REITのやり方の鉄則は、長期保有と分散保有です。J-REITには多くの業者が介入しているので、J-REITの売買には様々な手数料がかかります。そのため、J-REITは長期的に保有するようにし、余計な売買手数料を抑えるようにしましょう。もちろん、大幅に価格が上昇している場合には売ってください。また、リスクを分散させるために、一つのJ-REITを集中して購入するのではなく、他のJ-REITや、金融商品と併用するようにしてください。

賢くJ-REITのやり方を理解し、より効率的な資産運用を心がけてください。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.