住信SBIネット銀行のATM

住信SBIネット銀行のATMは、全国のコンビニATMや、ゆうちょ銀行ATMと提携しています。

将来的にはATMの利用にランク制度が導入される

住信SBIネット銀行のATMは、全国にあるセブン銀行ATMやローソンATMといったコンビニATMや、ゆうちょ銀行ATMなどと提携しています。住信SBIネット銀行ネット銀行なので、店舗型の支店や銀行の建物がありません。そのため、銀行取引は住信SBIネット銀行のWEBサイト上で行います。

住信SBIネット銀行のATMでは、現金を入金すると一旦普通預金(代表口座)に全額入ります。その後に、必要なお金を定期預金や目的別口座や外貨預金などといった普段利用している取引サービスへ、WEBサイトを経由して振替することになります。

提携しているSBI証券を利用している場合も、SBIハイブリッド預金へ入金する必要があります。この口座への入金も、まず先に住信SBIネット銀行のATMから普通預金(代表口座)へ現金を入れ、そしてWEBサイト上にある住信SBIネット銀行のサイトからSBIハイブリッド預金へと振替します。

住信SBIネット銀行は、ATMを利用した残高照会や預入れなどのATM手数料が完全無料です。また、出金はイオン銀行セブン銀行では無料、ゆうちょ銀行イーネット、ローソンATMでは月5回まで無料で利用できます。

しかし、2016年(平成28年)1月より実施予定のスマートプログラム(仮称)では、ランク制度が採用されます。それに伴い、ATM手数料の無料回数などのサービスが変更される予定です。入金は以前と変わらず無料で行えますが、出金の場合は、ランクに応じて合計で月2〜15回無料に、それ以降は1回108円(税込)が必要になります。スマートプログラムのランク分けは、住信SBIネット銀行の利用状況により変わります。また、ポイントプログラムも追加され、1ポイント1円換算のポイントを貯めると現金への交換ができます。

住信SBIネット銀行のATM

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.