もみじ銀行の地域貢献活動

もみじ銀行は、積極的に社会貢献活動に取り組んでいます。

小学生の作文集

もみじ銀行は、地域社会に根ざした銀行として、積極的に社会貢献活動に取り組んでいます。中でも、地域の未来を担う新しい人材の育成に力を入れており、地域の教育機関等と一体となって活動しています。

代表的な活動としては、約半世紀の歴史を持つ「くらしの文集」があります。「くらしの文集」とは日常のくらしについての小学生の作文集であり、毎年近隣の小学校から1,000点を超える応募があるそうです。豊かな表現力と感性を養うことを目的に始められたこの取り組みは、全国的にも高い評価を受けており、一部の作品は教科書にも掲載されているとのことです。

さらにもみじ銀行は「小さな親切」運動の事務局として、「小さな親切」をテーマにしたポスターコンクールや作文コンクールを開催したり、夏休みには小学生とその保護者を対象とした「もみじで学ぼう!親子マネー教室」を開催して金融教育の場を提供するなど、地域の小学生の教育活動に様々な形で貢献しています。

またもみじ銀行は、高校生を対象とした金融経済クイズ選手権「エコノミクス甲子園」の広島県大会や、県内の女子サッカーチームによる「YMFGもみじレディースサッカー大会」、広島交響楽団の演奏による「YMFGもみじニューイヤーコンサート」といった、文化・スポーツ振興を目的とする様々な地域イベントを主催しています。

将来を担う二世経営者の育成に向けた活動としては、経営者二世教室「もみじフューチャークラブ」があり、財界人を講師として招いた講演会や、懇親会を開催することにより、次世代の経営者に対して、企業経営のためのノウハウや情報、人的なネットワークを提供しています。

このようにもみじ銀行は、多方面から積極的に人材育成活動に取り組むことにより、地域経済の振興に貢献しようとしています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.