沖縄銀行の投資信託

沖縄銀行の投資信託は、インターネットに繋がったパソコンがあれば、いつでもどこでも24時間利用できます。

インターネット投資信託

沖縄銀行の投資信託はインターネットからも利用ができます。

沖縄銀行の投資信託をネット経由で利用するには、おきぎんeパートナー(インターネット投資信託)の申込みが必要です。それには、沖縄銀行の窓口で投資信託保護預り口座の開設と、インターネット投資信託の申込が必要になってきます。しかし、ネット専用の美ら島支店の口座を開設しておけば、わざわざ窓口へ行って申込みをすることなく沖縄銀行の投資信託をインターネット経由で利用できます。

インターネットを介しての沖縄銀行での投資信託は、パソコンから手軽に24時間以下の取引ができます。投資信託の購入・申込み・解約に加え、積立投信の新規申込み・変更申込みです。さらに残高・取引照会、投資収益管理などができます。ネットに繋がったPCがあればいつでもどこでも利用できます。

インターネットでの沖縄銀行の投資信託は、窓口からの購入に比べて30%もディスカウントされます。せっかく利用するなら有利な方法で購入したいものです。

沖縄銀行の投資信託商品の種類は、公社債型、REIT、国内バランス型、国内/海外債権型、国内/海外バランス型、海外債券型、国内株式型、海外株式型など多岐にわたります。取扱いされている商品数もファンドの種類も多いので、広い選択肢の中から選ぶことが可能です。

ディスカウント対象外ですが、沖縄銀行の投資信託である投資積立「ビッグイニング」も人気です。投資信託は株式や債券など値動きのある資産に投資する商品なので、いつが買い時なのか判断が難しい商品といわれています。しかし、ビッグイニングは、毎月一定の金額で定期的に継続して購入する形の投資信託です。そうすることで、平均購入単価を平準化させます。こういった投資方法を定時定額購入とよびます。ビッグイニングは、ドル・コスト平均法で無駄なく、効率よく、リスクを抑える効果も期待できます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.