新生銀行のATM

新生銀行のATMは全国で約9万6000台が利用できて、Tポイントも貯められます。

新生銀行のATMはTポイントにも対応

新生銀行のATMは銀行に併設されているATMと全国にある提携ATMを合わせると、約9万6000台が利用できます。新生銀行と提携しているコンビニATMの中には、セブン銀行ATMやファミリーマートなどに設置されているイーネットATM、ローソンATM、そしてファミリーマート店舗内のゆうちょ銀行ATMがあります。これらの提携コンビニATMでは、新生銀行のキャッシュカードを使った残高照会や入出金などの取引が、夜間・土日祝日にかかわらず365日手数料無料で利用できます

さらに、ゆうちょ銀行や郵便局のATM、全都市銀行、信託銀行、あおぞら銀行、商工中金などの金融機関に併設されているATMも、手数料無料で利用できます。他行でATM手数料を無料で使用する場合は、口座残高に一定の金額が入金されているなどの各種条件が付されている場合があります。しかし新生銀行では、新生銀行ATMはもちろん提携ATMの場合も無条件で利用できるようになっています。

新生銀行は、本・支店が首都圏や関西圏を中心にありますが、28本支店、7出張所と数が少ないです。また、入出金などの取引は窓口では行っておらず、新生銀行のATMや提携ATMを利用することになります。新生銀行は店舗を持つ普通銀行ですが、ネットバンキングの特性を最大限活用しながらネット銀行と比べても遜色のないサービスを提供しています。

また新生銀行のATMでは、Tポイントプログラムも実施しています。このサービスを利用するには、エントリーフォームに毎月、口座番号、T会員番号、Eメールアドレスの登録が必要です。

このTポイントプログラムでは、イーネットATMで入出金を行うと1回15ポイント、最大30ポイントが貯まります。また、他行から1回10万円以上の振込や海外ATMの利用といった銀行取引をする場合にも、ポイントが貯まります。期間限定のキャンペーンなども開催されているので、大量ポイントがゲットできるチャンスもあります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.