シティグループとは

シティグループは、約2億の顧客口座を有する世界でトップクラスの金融機関です。

長い歴史を持つ金融機関

シティグループは、およそ2億の顧客口座を有する世界でもトップクラスの金融機関です。個人や法人・政府機関などを対象に、銀行業務や証券業務、クレジットカードビジネス、資産運用や資産管理等の分野におけるバリエーション豊かな金融商品を提供しています。本社はアメリカ合衆国のニューヨーク、摩天楼のような高層ビルが並び立つマンハッタンにあります。

シティグループは長い歴史を持つ金融機関であり、2012年には創立200周年を迎えました。シティグループの歴史は1812年に設立したシティバンク・オブ・ニューヨークから始まります。資本金200万ドルで始まったこの銀行は、ニューヨークの商業資本家に向けてサービスを展開することにより、1895年頃にはアメリカ合衆国最大の銀行にまで成長し、1929年頃までには総資産10億ドルを越える世界でも有数の銀行にまで成長します。

またリース部門やクレジット部門にも進出し、1981年にクレジットカード会社のダイナースクラブを買収、その後14年間は世界最大のクレジットカード発行機関となります。そして1998年、トラベラーズ・グループとの大規模な合併により現在のシティグループが誕生しました。

シティグループは、複利預金や当座預金、譲渡性預金といった新しい預金商品を開発したり、個人向け無担保ローンや24時間営業ATMの運用等、従来にはないサービスを提供し、金融サービスの先駆者としての役割を担ってきました。近年では有価証券の売買やM&Aの仲介といった投資銀行的な業務に力を入れており、ゴールドマン・サックス等の大手投資銀行に迫る勢いとなっています。

グローバルなネットワークと巨大な資産を武器に、世界の金融サービスをリードしている金融機関、それがシティグループなのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.