シティバンク銀行の資産運用商品

シティバンク銀行は、多様な資産運用商品を取り扱っています。

外貨預金、仕組預金、投資信託

シティバンク銀行では、様々なタイプの資産運用商品を取り扱っています。ここではシティバンクの外貨預金、仕組預金、投資信託等の資産運用商品を紹介します。

シティバンク銀行の外貨預金はアメリカ、ヨーロッパはもちろん、香港、タイ、南アフリカに至るまで、幅広い地域の通貨を10種類も取り扱っています。また、預け入れ期間も最短の1週間から最長の5年まで自由に選ぶことができますので、自分のライフプランに合わせて外貨運用を行うことができます。

シティバンクの仕組預金「プレミアム・デポジット」は、外貨に強いシティバンクのならではの、為替取引オプションのついた仕組預金で、通貨交換が行われるリスクを引き受けることで、高い金利を享受することができます。プレミアム・デポジットには「円投資型」「外貨投資型」「クロスカレンシー型」の3種類があります。

「円投資型」は円で預金し、満期時にあらかじめ決めた外貨で払い戻されるタイプの仕組預金です。利息は、円で支払われます。

「外貨投資型」は外貨で預金し、元本が円、利息が預入通貨で払い戻されるタイプの仕組預金です。外貨の資産で運用したい場合や円に戻すタイミングを見計らっている場合におすすめの仕組預金だと言えます。

「クロスカレンシー型」は外貨で預金し、満期時の為替相場の動きによって払い戻し通貨が決定するタイプの仕組預金です。外貨を円ではなく別の外貨に戻したい場合などに最適なタイプです。

シティバンク銀行は投資信託の取り扱いも多く、様々な申し込み通貨や運用タイプからファンドを選ぶことができます。最近注目を集めている商品としては、日本株式を投資対象とする米ドル建ての投資信託「プレミアム・ファンズ シュローダー日本株式ファンド 米ドル建て」が挙げられます。アベノミクス効果により日本企業の業績は回復傾向にあるため、中長期的に見て株価上昇が期待できる、との見通しにより人気が出ているようです。

また、債券投資としてはSMBC日興証券との取引を仲介しており、証券取引口座の開設や有価証券の売買等も行っています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.