楽天銀行のATM

楽天銀行のATMは、全国に約90000台あります。

ハッピープログラムや優遇サービスでATM手数料を無料化できる

楽天銀行のATMは、全国に約90000台の提携ATMがあります。利用できるATMは、ローソンATMやセブンイレブンにあるセブン銀行ATM、そしてイーネットATMといったコンビニATMや、三菱東京UFJ銀行みずほ銀行イオン銀行ゆうちょ銀行、ステーションATM Patsatなどの金融機関に併設されたATMになります。

楽天銀行のATMを利用するには、キャッシュカードが必要です。楽天銀行キャッシュカードには、キャッシュカード機能のみのカードやクレジット機能付きカード、そしてデビット機能付キャッシュカードがあります。キャッシュカード機能のみが付いているカードの発行は無料です。その他のカードについては、種類によっては年会費無料のものもあります。

楽天銀行のATMでは、キャッシュカードを使っての残高照会や入出金が行えます。セブン銀行やイオン銀行などのATMでは、出金手数料が216円、3万円未満の入金の場合は入金手数料が216円掛かり、3万円以上の入金の場合は手数料が無料になります。また、イーネットATM、ローソンATM、ゆうちょ銀行のATMなどでは、出金と3万円未満の入金には270円が必要です。そして、3万円以上の入金手数料は無料になります。

楽天銀行のATM手数料を節約したい場合は、ハッピープログラムの活用や預金残高による優遇サービスを利用したいです。ハッピープログラムはランク別にさまざまな特典があり、出金と入金(3万円未満)を合わせた最大7回までのATM手数料が無料になります。

さらに楽天銀行には開設後6ヶ月目までは、無条件で月最低5回までのATM手数料が無料になる特典があります。また、預かり残高300万円以上の場合やハッピープログラム会員ステージがスーパーVIPランクの人には、月7回までATM手数料が無料の特典もあります。

楽天銀行のATM

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.