北海道銀行とは

北海道銀行とは、「どうぎん」や「どさんこバンク」と呼ばれる札幌に本店がある地方銀行です。

業務提携も活発

北海道銀行とは、札幌に本店がある地方銀行です。「どうぎん」や「どさんこバンク」と呼ばれ地元の方に親しまれている銀行です。

北海道銀行の店舗は、北海道内に140ヶ所もあります。北海道はとても広いので、道内の主要都市を網羅するにはこれぐらいの数が必要なのかもしれません。本店のある札幌や人口が多い都市部には、とくに多くの支店があります。北海道銀行の利便性とは、店舗の数が多く、ATMの設置が多いことです。また、北海道以外には東京と仙台に支店があります。

北海道銀行は最近では、青森銀行、みちのく銀行、秋田銀行、荘内銀行、東邦銀行などの複数の東北地方の銀行と業務提携を結んでいます。横浜銀行や北陸銀行ともATM相互無料開放を行っています。なかでも北陸銀行との関係は密接で、ほくほくフィナンシャルグループという金融持株会社を共同で設立しています。

北海道銀行はコンビニATMの利用もできます。イーネット、ローソン、セブン銀行、バンクタイム、イオン銀行が使えます。カードでの入金はセブン銀行以外のコンビニATMで24時間終日無料で利用できます。

北海道銀行のCMには、グランドパートナーを務めている北海道日本ハムファイターズの選手などが起用されています。地元のスポーツチームの支援は野球にとどまらず、女子カーリングチームは、オリンピック出場選手もいるほどです。オリンピックでの活躍で一躍、北海道銀行の名前も全国区になりました。

北海道銀行の利用は個人や中小企業が中心です。取り扱っている商品も貯蓄型の定期預金などが充実しています。しかし、金利がずば抜けて高いとか、個性的な内容の商品が多いというわけではありません。ほかの地方銀行や信用金庫で扱っている預金商品と同様の内容のものが多くラインナップされています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.