信用組合と銀行や信用金庫との違い

信用組合は組織や経営理念において、銀行や信用金庫と大きな違いがあります。

信用組合は小規模で組合員ベースの組織

信用組合で取り扱われている金融商品やサービスは、銀行や信用金庫で取り扱われているものとあまり変わりませんが、組織や経営理念において大きな違いがあります。ここでは信用組合と銀行、信用金庫の違いについて見ていきます。

信用組合の根拠法は「中小企業等協同組合法」および「協同組合による金融事業に関する法律」であるのに対し、信用金庫は「信用金庫法」、銀行は「銀行法」を根拠法としています。また組織的にみると、信用組合および信用金庫は、組合員または会員の出資による協同組織の非営利法人であるのに対し、銀行は株式会社である、という違いがあります。

株式会社である銀行は、当然のことながら株主にその利益を還元する必要があるため、より利益をあげることができる金融商品やサービスを提供する傾向にあります。これに対し、信用組合と信用金庫は相互扶助を目的に設立された非営利の金融機関であり、顧客である組合員や会員の経済的地位の向上を一番の目的とし、地域に密着したきめ細かな金融サービスを提供しています。

このように、信用組合と銀行は、理念においても組織な面においても異なる性質の金融機関であるのに対し、信用組合と信用金庫は、設立の過程からも似たような性質をもっています。それでは、名前も理念も似ているこの二つの組織には、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

信用組合と信用金庫の組合員・会員の資格はいずれも、1.地区内に住所又は居所を有する者、2.地区内で事業を行う小規模の事業者、3.地区内で勤労に従事する者、となっていますが、信用組合と信用金庫では事業者である場合の制限条件が異なります。信用組合は最大でも「従業員300人以下又は資本金(出資金)3億円以下の事業者」であるのに対し、信用金庫は「従業員300人以下又は資本金(出資金)9億円以下(政令)の事業者」と信用金庫の方は比較的大きな規模の事業者も会員となることができます。

また、信用金庫は会員以外も預金することが可能ですが、信用組合の場合は、組合員以外からの預金は預金・定期積金総額の20%以内と制限されています。貸出については、信用組合、信用金庫ともに貸出総額の20%以内と制限されています。

このように、信用金庫と信用組合は同じ相互扶助の理念を持った協同組織ではありますが、信用組合の方が小規模でより組合員ベースの組織だと言えます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.