北洋銀行とは

北洋銀行とは、北海道最大の第二地方銀行のことです。

北海道拓殖銀行の経営破綻

北洋銀行とは、北海道エリア最大の第二地方銀行のことです。

北洋銀行は道内最大規模の銀行になるまでに、何度も転機がありました。もともと、1917年(大正6年)に設立された北海道無尽という無尽会社がルーツです。その後、小樽無尽と名前が変わります。1944年(昭和19年)には5つの金融機関と合併し、新たに北洋無尽と改名します。今の北洋銀行という名前はこの頃の名残です。

本店が小樽市から、北海道の中心都市・札幌市に移転した1951年(昭和26年)には、株式会社北洋相互銀行と再び名称が変更されます。

北洋銀行という名前になったのは、普通銀行へ転換した1989年(平成元年)になります。転機は名称の変更だけでなく、銀行の規模自体が変わっていきました。その発端はバブル崩壊の不況のあおりで経営破たんした北海道拓殖銀行の救済合併です。

北海道拓殖銀行は北海道に古くからある日本を代表する都市銀行でした。北海道の金融業界をけん引していた大銀行でした。そんな銀行が経営破たんしたのですから、国が主導でその受け皿を探します。当時は札幌銀行や北海道銀行の方が規模も大きく、北洋銀行よりも勝っていました。譲渡先も大きな銀行に移ると思われていましたが、選ばれたのは北洋銀行でした。政治的な目論見や地元の銀行同士でのライバル関係が影響したといわれているこの結果は、全国的な大きなニュースになりました。

北洋銀行はこの合併により大幅に規模を拡大させます。その結果、道内最大の地方銀行になります。また、2001年(平成13年)にはライバルだった札幌銀行とも合併します。これにより北洋銀行は全国的にも有数の銀行へと規模がふくらみました。

バブル崩壊や金融再編などの不況によるピンチをチャンスに変え、さらに大きくなる北洋銀行の経営手腕は業界内外で注目されています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.