北洋銀行のインターネットバンキング

北洋ダイレクトが個人向けサービスで、北洋ビジネスダイレクトが事業者向けのインターネットバンキングサービスです。

インターネットバンキングの種類

北洋銀行のインターネットバンキングは用途別にサイトが独立しています。

北洋銀行のインターネットバンキングは個人向けと事業者向けが1タイプ、電子手形のやりとりができるでんさいネットに加え、投資信託専用のサイトの3種類があります。

個人向けサービスの「北洋ダイレクト」は、パソコンやスマートフォンを使い、振込や振替、残高照会などができます。携帯電話からの操作ができるモバイルバンキングサービスもあります。モバイルサイトでは楽天Edyのチャージができます。これはモバイルサイトのみのサービスです。両方のサービス共に月額使用料は無料です。

ネットの利用で心配な安全対策もしっかり対応しています。たとえば、パソコンやスマートフォンでの利用でセキュリティツールを無料提供しています。

北洋ビジネスダイレクトは事業者向けのインターネットバンキングサービスです。オフィスからパソコンを使い、振込や振替はもちろん、社員の給与振り込みもできます。このサービスの利用者は、外国の金融機関への送金や国内の金融機関へ外貨建ての送金ができる「外為ダイレクト」の申込みができます。

北洋でんさいサービスは、電子化された手形の手続きがパソコン上でできます。ペーパーレスで印紙税の課税もなく、期日に自動入金され、面倒な事務負担や手形の利用で掛るコストも削減できます。北洋ビジネスダイレクトを利用の場合は月間基本手数料が無料です。利用には相手先も北洋でんさいサービスの契約が必要です。

北洋銀行で、すでに投資信託をされている方にはネットからでも利用できるように「北洋投信ダイレクト」が用意されています。ここでは、投資信託の購入や解約、投信積立の新規変更・終了の申込、投資信託の残高・取引明細・損益状況の照会が24時間365日、利用できます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.