ETFのリスク

ETFのリスクには、価格変動リスク、運用リスク、流動性リスクなどがあります。

ETFは様々な要因によって価格が変動する

ETFのリスクの一つに「価格変動リスク」があります。ETFは、株式を主な投資先としている投資商品です。国債や社債等の債券類に比べて株式は価格の変動幅が大きいため、ETFの基準価格の変動幅も連動して激しく動きます。そのため購入時よりも価格が大きく値下がりしてしまった場合には、元本割れを起こすこともあります。

ETFの多くは、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)等の株価指数や、外国通貨、商品指数など、特定の「指数」の動きに連動するように作られています。そのためETFは値動きが予測しやすい金融商品だと言われています。しかしながら市場の状況によっては、指数と基準価格が連動せずに予想外の値動きをする場合もあります。これが「運用リスク」と呼ばれるもので、ETFのリスクの一つとされています。

ETFの価格は需要と供給のバランスによっても変わります。多くの投資家が買いたいと思うような人気のあるETFの販売価格は、当然、高くなります。反対に、あまり売れずに市場に多く残ってしまったETFは、どんどん販売価格が下がってしまいます。需給バランスが崩れて価値が下がったETFは、取引が成立しにくくなってしまいます。そして最悪の場合は、上場廃止になることもあります。「流動性リスク」と呼ばれるもので、これもETFのリスクの一つです。

ETFはリスクが低いと言われていますが、有価証券を組み入れて運用する投資商品であるため、様々な要因によって価格が変動します。そのため、買った時よりも値上がりすれば儲けることができますが、値下がりしてしまった時には損をしてしまうという、投資商品のリスクは常に存在しています。

しかし、これらのETFのリスクは、取引のタイミングを見極めることができれば、大きなチャンスに変わります。こまめに情報を収集して、価格変動を引き起こす様々な要因の動きに注意を払い続けることができれば、ETFで大きな利益をあげられます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.