児童手当とは

児童手当とは、子供の養育者に行政から給付される手当のことです。

受給者には所得制限もある

児童手当とは、子供の養育者に対して、行政から給付される手当のことを指します。児童手当の対象となっているのは、0歳以上中学校卒業まで(15歳の最初の年度末まで)の子供です。

給付金額は、子供の年齢と人数により決定されます。3歳未満の子供は一律月額15,000円、3歳以上小学校卒業前の場合、第二子までは月額10,000円で第三子以降は月額15,000円、中学生以上は一律月額10,000円となっています。

児童手当は子供本人に対してではなく、子供の養育者に対して支給されます。支給要件として、子供と生計を同じくし、子供を監護していることが挙げられます。そのため、通常は子供の親が給付金を受けることになりますが、家庭の事情により、親が子供を養育していない場合は、親に代わって子供を養育している人に支給されます。例えば子供が児童福祉施設に入所している場合は施設の長に、里親に委託されている場合は里親に支給されます。

支給対象となる子供の国籍は問われませんが、日本に居住していることが支給要件となっています。そのため、両親が国外に在住している場合は、日本国内で子供を養育している者に対して児童手当が支給されます。また、親が日本に居住していても、子供が国外に居住している場合は支給対象となりません。但し、留学を理由とし一時的に海外に居住する場合で所定の条件を満たしている場合は支給対象となります。

受給者には所得制限があり、 所得が一定額以上であると、児童手当は支給されません。所得限度額は、受給者が扶養している家族の人数により変動します。例えば子供が二人で妻が扶養内でパートをしている場合は、扶養者は子供を含めて3人となり、所得限度額は736万円、年収にすると960万円以上となります。所得制限を超える場合は、児童手当は支給されず、特別給付(子供の年齢に関わらず、支給対象1人につき月額5,000円)が支給されます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.