ジャパンネット銀行のATM

ジャパンネット銀行は自社ATMを持ちませんが、全国のコンビニATMやゆうちょ銀行ATMなどを提携ATMとして利用できます。

三井住友銀行の提携ATMならキャッシュカードで振込も可能

ジャパンネット銀行のATMは、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどに設置されているコンビニATMや三井住友銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMが利用できます。ジャパンネット銀行はネット専業銀行なので自社ATMはありません。しかし、全国にあるコンビニATMや提携ATMが利用できるので不便をあまり感じることはないでしょう。

ジャパンネット銀行のATM取引は、提携ATMで行います。ジャパンネット銀行のキャッシュカードを使って、入出金や残高照会を行います。ジャパンネット銀行では、毎月初回の入出金手数料がどの提携AMTを利用しても、また取引金額に関わらず無料になります。残高照会はいつでもどこでも何回でも、手数料無料で行えます。

毎月2回目以降のジャパンネット銀行のATM取引手数料は、セブン銀行ATMイーネット、ローソンATM、三井住友銀行ATMの場合、3万円未満の入出金に162円が掛かります。また、ゆうちょ銀行ATMでは、3万円未満の入出金に324円のATM手数料が掛かります。けれども取引金額が3万円以上になると、全ての提携ATMで入出金ともに手数料無料で利用できます。しかし、この時に気をつけたいのが、3万円以上の入出金取引も月間無料回数にカウントされることです。

ジャパンネット銀行のATMである三井住友銀行ATMでは、キャッシュカードを使って振込ができます。この場合の手数料は、振込金額にかかわらず、提携ATM出金手数料162円がかかります。また、三井住友銀行の所定の振込手数料が必要です。しかし、月に1度もATMでの出金やキャッシュカードを利用しての振込を行っていない場合は、振込時に必要な提携ATM出金手数料162円は毎月初回分のみ無料になります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.