BRICs4ヵ国の共通点

BRICs4ヵ国には、多くの共通点があります。

広大な領土と豊かな天然資源と人口大国

BRICs4ヵ国の共通点その1:広大な領土

BRICs4ヵ国は、いずれも広大な領土を有しているという共通点があります。世界第1位の圧倒的な国土面積を誇るロシア(17,100,000キロ平方メートル)を筆頭に、世界第3位の中国(9,597,000キロ平方メートル)、世界第5位のブラジル(8,516,000キロ平方メートル)、そして7位のインド(3,288,000キロ平方メートル)です。

すべての国が上位10位以内に入っており、この4ヵ国だけで世界の国土面積のおよそ4分の1を占めています。

BRICs4ヵ国の共通点その2:豊かな天然資源

広大な領土を有しているため、天然資源に恵まれているという点も、BRICs4ヵ国の共通点として挙げることができます。ブラジルは鉄鉱石に恵まれており、その埋蔵量は「今後の世界の500年分の需要を充たす」とも言われています。さらにブラジルは、ダイヤモンド、アメジスト、エメラルドといった宝石類の生産国としても有名です。

ロシアは天然ガスや石油などのエネルギー資源に恵まれており、原油生産量は、日量1058万バレル(2014年)と、サウジアラビアや米国を上回るまでになっています。インドは、石炭埋蔵量が世界第4位となっており、この他にも鉄鉱石やマンガン、ボーキサイト、金、ダイヤモンドなどの鉱物資源に恵まれています。

中国は鉄、銅、アルミニウム、すず、鉛といった鉱物資源に恵まれており、その総埋蔵量は世界第3位となっています。いずれの国も、こうした豊かな天然資源の輸出により、多くの外貨を得て、経済成長を遂げました。

BRICs4ヵ国の共通点その3:人口大国

人口大国である点も、BRICs4ヵ国の共通点です。世界第1位の人口を誇る中国(13.5億人)をはじめ、世界第2位のインド(12.5億人)、世界第5位のブラジル(2億人)、そして日本より一つ順位が上の、世界第9位のロシア(1.4億人)と、人口ランキングにおいても、BRICs諸国全てが、上位10位以内に入っています。

人口が多いということは、多くの労働力を有しているということになります。そのため、BRICs各国には、先進国の企業が多く進出しています。また人口が多いということは、多くの消費者を抱えているということでもあります。つまりBRICs4ヵ国は、いずれも国内に大きな市場を有しているのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.