都市銀行と地方銀行の違い

第二地方銀行は規模が小さめで、主な顧客は地域住民や地元の中小企業である場合が多いです。

異なる誕生と発展の歴史

第二地方銀行と同じく地方に営業基盤を置いている地方銀行や、地方銀行と比較し語られることの多い都市銀行。これら三種の銀行の間にはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは第二地方銀行、地方銀行、都市銀行の特徴を比較してみたいと思います。

先に述べた通り、第二地方銀行は庶民の間で誕生した無尽講を源流としているため、基本的に規模が小さめです。中には北洋銀行のように、7兆円を超える比較的大きな規模の銀行もありますが、中央値でみると大体5,000〜6,000億円程度にとどまっています。そのため、大企業との取引は少なく、地方銀行のように地方自治体の指定金融機関となることもあまりありません。主な顧客は地域住民や地元の中小企業である場合が多いようです。

これに対し地方銀行は、その多くが明治時代に設立された国立銀行、いわゆるナンバー銀行を母体としています。そのため、その本店所在都道府県において最大規模の金融機関である場合が多く、横浜銀行千葉銀行のように総資産が10兆円を超えるものもあります。その資産力を活かして、地方自治体の指定金融機関の役割を担っていたり、地域の主要企業の融資を担っていたりしているため、その地域の経済に対して、とても大きな影響力を持っています。第二地方銀行と同様、地域密着型の営業をしていますが、地域経済の根幹となる、より大きな部分を支えていると言えます。

最後に都市銀行ですが、実は都市銀行という名称に法的な根拠はなく、地方銀行との比較で通称的に用いられている呼び名です。東京・大阪などの大都市に本店を構えて全国的にサービスを展開している銀行を意味しており、具体的にはメガバンクと呼ばれる、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行にりそな銀行を加えた4行(埼玉りそな銀行を加え5行とする場合もあります。)を指します。起源を旧財閥系銀行や特殊銀行に持ち、特徴としては、莫大な資産力と、広域に渡る営業基盤が挙げられます。大企業との取引や諸外国との国際的な金融取引を担っており、日本経済の基盤を支えている金融機関だと言えます。

このように、第二地方銀行、地方銀行、そして都市銀行はそれぞれ異なる誕生と発展の歴史をもっており、その歴史的背景が現在の資産規模や対象とする顧客層にも大きく反映していると言えます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.